ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2012年10月

電子書籍 その1

[どなどな]  2012年10月29日 09時16分

皆さん、電子書籍ってご存知ですか?

少し前の記事で、2011年の1世帯あたりの
書籍・雑誌・週刊誌の購入額合計が落ち込んでいるという
お話をさせていただき、その中でも少し触れましたが
パソコンやスマートフォンなどをご利用されている方は
最近、少しずつ耳にするようになってきたのではないでしょうか。

電子書籍とは、その名のとおり
紙とインクでの印刷物の書籍ではなく
パソコンなどのデジタル機器で
利用することが出来る書籍のことです。

電子書籍については、以前から存在はしていましたが
専用の機器や媒体(CD-ROMやフラッシュメモリーカードなど)が
必要になることから、今ひとつ普及につながらなかったようです。

インターネットの普及により、2000年代に入ってから
媒体の問題は、電子ファイルの配信という形になってきたようですが
それでも、専用の機器がないとパソコンで見るしかなく
持ち歩きが出来ない…という、書籍の最大の楽しみの一つである
どこでも手軽に読める…という点において
電子書籍は使いづらく感じてしまい
やはり普及が進まなかったように思います。

また、専用の電子機器がメーカーごとに出されたことにより
顧客の囲い込みのため、書籍のデータ形式の統一化が進まずに
バラバラだったことも、普及の障害になっていたかもしれません。

…なんで、こんな話をしているのかというと
私も何度か電子書籍という言葉に惹かれた時期があって
導入を検討したことがあったからなのです。

私の家には、小説や漫画などが2000冊近くあり
ただでさえ狭い家を圧迫している状態が続いています。
もちろん、その後も増えているので、ある程度のところで
古書店に持ち込んだりすることもありますが
それでも、徐々に増え続けているのです(^-^;)

そんなことから、電子書籍の導入の検討をしていた訳ですが
前述のような機器や媒体、データ形式などの問題の他にも
書籍の種類の少なさ、紙媒体との同時発行の少なさなどがあり
デメリットばかりが目について、結局、導入を見送ってきた訳です。

それが、近年のスマートフォンやタブレット型端末の普及によって
専用機器でなくても電子書籍を読むことが出来る体制が整いつつあり
その結果、その他の問題も解決に向かいつつある…という話を
耳にするようになり、今度こそ…という感じで
電子書籍を使ってみたいと思っているのです!

(その2につづきます)

紙パックの開き方 その2

[どなどな]  2012年10月26日 13時17分

さて、前回に引き続いて、紙パックの開き方です。

こちらの写真は、あんまり綺麗に開いてない例。



いえ、悪い訳ではありませんが、
もっと簡単に綺麗に開きますよーというだけです。

まずは、開く場所です。
とりあえず、ここまでは簡単に開けますよね。



そして、大事なのは、次です。

ここから開きます。



ここから開くと
手で簡単に開くことが出来ます。

次のポイントが底の部分。

ここまで開いたら…



底のここの部分を開きます。

ここが、ちょっと難しいですが
さらにここの部分も開きます。

三角形の部分を両側に開くようにすると
わりと開きやすいです。

最後にここの部分を開くと…



このように長方形となると言うわけです。

完全に一枚の紙になりますので
重ねておくのも簡単で、かさばりません。
乾かすのも、多少は楽になると思います。

意外にご存知ない方が多い印象があったので
ブログで書いてみました。

皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

紙パックの開き方 その1

[どなどな]  2012年10月23日 08時56分

先日、こんな開き方をしたパックを見つけました。


「あぁ…(苦笑)」

…と言う方と

「え?何かいけないの?」

…と言う方がいらっしゃるかもしれません。





別に悪いと言う訳ではないのですが

もっと「簡単に」「綺麗に」開けるのになぁ…

…という感じがします。
 

さて、上のパックの開き方
いわゆる数学的な展開図としては正解です。

開き始めの位置と、底の部分が良くないのです。

ここと…


ここですね。

一つの方は、ハサミを使って開いてますが
基本的にはパックは、手で開くことが出来ます。

時折、聞くんですよね。
分別する時に牛乳パックを開いて出すというのが

凄く面倒くさい!

という話を。

もちろん、これからお伝えする開き方を知った上で
面倒だとおっしゃる方もいるのかとは思いますが

ハサミを使わないと切れない!

とか

手じゃ、すごく力が必要じゃないか!

とか

思っている方は、とりあえず
次回に説明する、開き方を是非試して欲しいと思うのです。

(次の回に続きます)

現役引退

[どなどな]  2012年10月18日 08時30分

とあるカバンを現役から引退させる決意をしました
このカバンです。

20年ものです。

学生の時に、どっかの店で
3000円くらいで買った気がしますが
買った当時のことは記憶が薄くなってしまっています(苦笑)

昔から3Rを考えて生活していたんです!

…とでも言えれば、カッコイイのでしょうが
単に代わりのものが見つからなかったというのが
ホントのところなのです。

軽くて、3way(肩掛け、リュック、手提げ)で
茶系からカーキくらいまでのアースカラー。
頑丈すぎず、自転車のカゴなんかにもクシャッと
させれば、なんとか収まるA4の紙が入るサイズのバッグ。

あまりにも、適当に見つけて購入したため
買おうと思えば、すぐに見つかる…と思い
それまでは、使っていようくらいの感覚でした。

カバン売り場に行くと「意外と無いな…」と思いつつ
「まぁ、でもそのうち…」などと思いながら
ズルズルと使い続けてきた…という感じです。

ファスナーの留め具には、引っ張り易いように
皮の持ち手がつけられていましたが
良く使うところから壊れていき、4つのうち2つしか
今では残っていません(苦笑)。

肩掛け用の留め具の部分は、もう布が切れそうですし
カバンの中は、ビリビリに破けています。
カバンの取っ手もボロボロになってきています。

ここ数年は、ネット通販を使うようになったのですが
それでも、希望のバッグは見つかりませんでした。

アースカラーの3wayバッグって無いんですね…。

残っている皮の持ち手の2つのうちの1つが
そろそろ限界に近づき、これが千切れてしまうと
本当に不便なバッグになってしまうのです。

やむを得ず、妥協して
リュックタイプにならない2wayタイプの
カバンを急遽買うことにしました。

それはそれで、気に入っているのですが
なんというか、結局、希望のものが見つからなかった
寂しさが、新しいカバンにはつきまとっています(苦笑)。

それも、そのうち慣れるとは思いますが
とりあえず古いカバンも、たまに使っています

現役は引退しましたが、隠居で悠々自適(?)

…と言った感じでしょうか。

近所にフラリと出かける時は
こっちの方が楽なんですよね。
家族からは嫌がられるのですが…。

皮の持ち手が切れた時には、本当に捨てようかと思っています。
20年も使い続けたので、それなりに3Rを実践出来た気がします。

とりあえず、皮の持ち手が切れるその日まで
ゆっくりと付き合って行こうかなとは思っています。

ここまで来ると、やはり愛着が湧いてしまいますよね(苦笑)。

生ごみの水切り その2

[ふじ]  2012年10月15日 09時00分

前回は、水切りネットにたまった生ごみをしぼり、どれくらい水分を減らすことができたかについて書きました。
今回は、水分を含んだものを乾かした場合に、どのくらい水分が減るかについて書きたいと思います。

実験したのは、夏場に多く出るすいかの皮です。
キッチンに一晩置いて乾かし、前後の重量を計量しました。

1枚目の写真は、すいかの皮を皿に置き、一晩(約12時間)乾燥させたものです。
2枚目の写真は、皮を小さく包丁で切ってから皿に置き、一晩(約12時間)乾燥させたものです。 


























それぞれの重量を量ったところ、前者は10グラムの減少(97グラム→87グラム)、減った水分は、ペットボトルのキャップ2杯分に相当します。

後者は16グラムの減少(95グラム→79グラム)、減った水分は、ペットボトルのキャップ約3杯分に相当します。

皮を小さく切っても、減る水分の量はそれほど変わらないと思っていましたが、空気に接する面積が増えるため、乾燥する水分量も多くなるんですね。以外でした・・・

一番気になるところは、虫がわいたり臭いが出たりすることもあると思いますが、室内ということもあって、両方とも全く問題ありませんでした。

水分を含んだものを置いておくだけで乾燥し、リデュースにつながるので、今後もいろいろなもので試していきたいと思います。
 

3R夢特別ミニおはなし会in金沢図書館

[つのでゅー]  2012年10月11日 08時45分

先日、金沢図書館で3R夢の啓発が行われているので、行ってきました。
館内はとてもきれいで、静かな雰囲気の中、どこで啓発を行っているのかな~
と辺りをキョロキョロしていたところ…

あっ、ありましたっ!!

3R夢啓発の一環として、分別品目やリサイクル処理の流れなどが展示されています。




ごみに関する図書も展示されています。


展示模型については細かなところまで手作りされていて、
お子さんはもとより、大人の方でも見入ってしまう程の完成度です!

ここで、展示模型を使ってごみ収集などの流れを紹介します。

まずは、ごみの収集に出発で~す♪


集積場でごみを収集し、


回収が終わり、搬入する際に検量をします。


いよいよ、集めたごみを焼却工場などに搬入します。


…まだまだありますが、つづきは金沢図書館でご覧ください。

なお、模型の展示は10月17日(水)まで行っており、
10月13日には金沢事務所によるごみと資源の分け方・出し方の相談コーナーを行われる予定で、
11時からは3R夢に関するおはなし会が開催されます。
なお、おはなし会にはイーオも参加します!

ぜひぜひ、ご来館ください!

スリムリルダンスコンテストに行ってきました!

[どなどな]  2012年10月09日 08時30分

こちらのブログでも、以前にお伝えした

ノコサズタベ・スリムリル ダンスコンテスト

に行って来ましたよー!

「ヨコハマ3R夢!」のテーマソング
「ノコサズタベ・スリムリル」の音楽を使った
ダンスコンテスト…って、まぁ、そのままですね(苦笑)

小学生、中学生、高校生の3つの部門があって
それぞれ8チーム、5チーム、8チームの計21チームが
エントリーしたコンテストとなりました。

振り付けについては決められている部分と
フリーの部分があって
チームも2人から8人までのグループがあったんですよ!

最初は、小学生の部門からスタートです。
小学生のダンスと聞いていたので

規定の振り付け、ちゃんと踊れるのかな~

などと思って見ていたのですが…



なめてたことに気付かされました。



凄いパワフルに踊るんですねぇ…。
あんなに小さい子たちなのに…。

フリーの振り付けも、ダンススクールの先生が
ついていたりするようで、各グループとも
変化に富んだ振り付けで、驚いてしまいます。
 

中学生の部門は、エントリーが5チームと
他の部門よりも少なかったのですが
これまた、どのチームも個性的。



もちろん、小学生よりも体格がしっかりしているので
ダンスにも力強さみたいなものが加わります。

同じ曲で、一部は同じ振り付けのダンスなのに

グループ人数の大小や
それぞれに考えられた衣装などもあって

多彩で違ったものに見えるのです。

うむー、面白い。
 

最後は、高校生の部門な訳ですが
さすがに最年長の部門だけあって
さらに多彩なジャンルのダンスがあります。

表現も、セクシーさに重点をおいたものや
アイドルっぽい可愛らしい表現など
見せ方で随分と変わるものです。

規定の振り付けの部分ですら
その表現方法によって同じ振り付けに感じなかったり
ダンス表現の多彩さと面白さを感じることが出来ました!

その後は、「ヨコハマ3R夢!」マスコットのイーオ

お友達のミーオによるダンスタイムもあったんですよ!(笑)

この日のために一生懸命練習したというイーオとミーオ。
会場からは「かわい~!」という声が、たくさん上がっていました。
さすがの人気ものです。



さらに、その後にはスペシャルステージとして
審査委員長だったKENZOさんのユニット
SHUFFLE!!によるダンスステージです。

KENZOさんのダンスは
さすがにコンテストなどで優勝しているだけあって
圧巻のダンスでした。

出場している皆さんにとっては
本当に尊敬すべき存在です。

凄い人気で、大盛り上がりの会場です。
会場に漂っていた緊張感を吹き飛ばして
さすがのクールなダンスながらも、熱いステージでしたよ!

本当は、いろいろなダンスの写真を載せたかったんですが
場内はフラッシュ撮影が禁止されていたので
撮影してはみたものの、全てブレて何だか分かりませんでした(苦笑)

あれだけ早い動きですから、薄暗い中で
綺麗に撮影できるわけないですよね…。

スペシャルステージが終わると
いよいよ、表彰式、緊張の一瞬です。

賞は全部で3つ。

全体の中で、一番印象的だったチームに
送られる特別賞である「3R夢特別賞」

各部門の準優勝「資源循環局長賞」

各部門の優勝「横浜市長賞」

です。

受賞した皆さんは、泣いてしまう人も多くて
コンテストまでの練習の大変さなどが
窺い知れる授賞式でした。

各部門の受賞チームについては、こちらの公式サイト
ご確認くださいね!

各部門の優勝である「横浜市長賞」の3チームには
「こうなんストリートダンスコンテスト」の
予選免除権も贈呈されていましたよ。

優勝チームのダンスを見たい方は
こちらのダンスコンテストにもご注目ください!

そんな訳で、今回はとても楽しく熱く盛り上がった
「ノコサズタベ・スリムリル」ダンスコンテストの模様をお伝えしましたー。

アプリを使って食品のムダを減らそう!

[ふじ]  2012年10月04日 14時42分
食材や調味料などの在庫の管理は、とても面倒ですよね。
どのくらい残っていたかを忘れてしまったりする場合もあり、食材を無駄にしてしまうこともありますよね。

そこで、食品を管理できるアプリ(アプリケーションソフトウェア)を使えば、在庫数や賞味期限が簡単に把握できるほか、アプリによっては、在庫内での複数の食材からレシピ検索までできて大変便利です。
 
     【画面イメージ】


















また、在庫を見ながら献立を考えたり、賞味期限を登録しておけば期限が過ぎたものをまとめて確認することができるので、買い物の時にも便利です。
 
アプリによって画面構成は異なりますが、基本的な操作は、食材名・数量・期限などの情報を入力し、食材を使い切れば削除するといった使い方が多いようです。
 
今まで、賞味期限(消費期限)切れで捨てていた食べ物を減らすことができれば、家計の節約にもなりますし、ごみも減らすことができるので、リデュースにもつながります。

是非、気に入ったアプリをダウンロードして使ってみてくださいね!

今年のキャンペーンキャラクターは…

[どなどな]  2012年10月01日 09時55分

皆さん!

10月は3R推進月間だって、ご存知でしたか?

「再生資源利用促進法」という
法律が1991年に出来たのですが
その施行が10月だったことから、3R月間としたらしいです。

そんな3R推進月間に大都市(20政令指定都市、1代表特別区)が
連携して実施する

「大都市減量化・資源化共同キャンペーン」

について、先日、発表がありました。
 

このキャンペーンも毎年、実施されているのですが
毎年、この共同キャンペーンでは
共通のキャンペーンキャラクターが決められて
そのキャラクターを使ったポスターが掲示されたり
グッズが配布されたりするのです。

一昨年は、カピバラさん

昨年は、ムーミン
 

それで、今年のキャラクターは…こちら!




……………。
 

はい、分かりませんよね。
すみません。

著作権の関係で、写真等を掲載することが
出来ないのです。

ただし、なんのキャラクターを使用するのかは
すでに発表されています!

それは

「ピーターラビット(R)」です!

私は、実物を先に拝見させていただきましたが

ポスターも、グッズもとっても可愛いかったです!

そして、今年のグッズは「風呂敷」です。

このブログでも、以前、風呂敷について取り上げました
この「風呂敷」で日本の昔ながらの文化のCOOLさが
さらに広まればいいですよね~。

このグッズが配布されるかもしれないイベントは
こちら(PDFファイルになっています)の記者発表資料の
2ページ目に書いてありますので、ご参照くださいね。

詳細については、各区の資源化推進担当に、お聞きください!
(上記のPDFファイルに各区の連絡先が書いてありますよ)