ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2012年11月

ミクショナリーが、もっと身近に!

[どなどな]  2012年11月30日 09時32分

まずは、こちらの4コマまんがをご覧ください!





…と、そんな訳で、横浜市のごみ分別を品目から調べる
ミクショナリーが、
アプリになって登場してたんですよー!

iPhone版は、7月から配信されていたそうですが
Android版も、10月から配信がスタートして
みなさんのお手元にある、大部分のスマートフォンで
導入できることとなっていたんです!

スマートフォンならインターネットブラウザから
ミクショナリーのあるページを開けば
使えないことはなかったのですが
やっぱり、専門のアプリの方が圧倒的に使いやすいです!

当然、起動するのも早いですし、ちょっと
「この品物を捨てる時は、どの品目で分別するんだろう…」
…と思った時に、すぐに調べられます!

そんな訳で、この「ミクショナリー」のアプリ
それぞれのストアサイトからダウンロードが可能ですので
是非ともダウンロードしてみてくださいね!

iPhone版は、こちらから!

Android版は、こちらから!
 

 

子供たちによるクリーンアップ活動

[らいす林]  2012年11月28日 08時49分
 地域のクリーンアップ活動に参加してきました。


 金沢区で実施されている「エコウオーキング」というもので、
近所の子供たちを集めて、普段自分たちが暮らしている周辺を清掃するというものです。

 清掃活動の後、横浜市資源循環局から、ごみの分別
ご飯を残さず食べて、生ごみが出ない様にしよう
という説明がありました。

 地域と子供との交流が減っている昨今、
子供たちと地域の大人がふれあい、
また、ごみのことについて考える絶好の機会
となったのではないでしょうか。

 金沢区だけでなく、他の区・他の地域でも類似のイベントが行われているようです。
お子さんと一緒に皆さんも参加してみてはいかがでしょうか。

投函ちらしってジャマじゃない?

[らいす林]  2012年11月26日 09時31分
 ポストに入れられるちらし。
 宅配ピザの広告、不動産屋さんの広告、学習塾の宣伝・・・・・・
 マンション住まいの我が家では荷物が多いときに、
 このちらしをポストから家まで持ち運ぶのも一苦労。。

 ところで、この「ちらし」。どのくらい投函されるかご存じですか?


 我が家の「投函ちらし」は10月の1か月間で約300グラム。
「そんなもんか。」と思われるかもしれませんが、文庫本がだいたい150~250グラムなので、
1か月で文庫本1冊分のちらしが投函されている
といえます。
多いと思いませんか!?

「投函ちらし お断り」というシールを玄関前のポストに貼りつけている家を見かけます。
「たくさん投函されるけど、どうせちらしは読まないよ!」という方、
試してみてはいかがでしょうか?

生鮮エコ朝市inFuji橋戸店

[どなどな]  2012年11月22日 09時31分

先日、瀬谷区のFuji橋戸店さんで行われた
「生鮮エコ朝市」の模様についてお伝えいたします!

FUJI橋戸店さんで
この「生鮮エコ朝市」が行われるのも、すでに4回目。

1回目の時の大雪が、今でも思い出されます。

そんな訳で、だいぶ定着してきたのではないかという
この生鮮エコ朝市。

野菜、魚、肉のバラ売り販売から
お惣菜のパック詰めではなく袋詰め販売まで
この日のために特別に用意された特売品が並んでいます!



野菜のコーナーで特に人気があったのが
椎茸の詰め放題のコーナー。

ビニル袋に隙間なく慎重に椎茸を詰め込んでいるお客さんが
たくさんいらっしゃいました。

そんなにたくさん買って…無駄になるんじゃないの?

…と、思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

椎茸などのきのこ類は、生のまま冷凍できる数少ない野菜の一つ

…らしいです。

こういう時に、たくさん購入して、冷凍しておけば
便利に使える…という訳ですね。





あまり見ることがない、ビニル袋入りのお魚などもあって
このような機会に簡易包装について考えてもらえると
とっても良いと思います。

何度も言うように、全ての食品トレーが駄目という訳ではなく
可能な限り、簡単な包装で済むものは簡単にしていく
…というだけのことです。

ただ「なんとなく、そういうものだから…」という理由で
過剰な包装の商品を購入せず

「これ、こんなに包装しなくてもいいよね?ごみ増えるだけだし…」

…という視点だけでも持ってもらえれば
少しずつ変わっていけるのではないか…と思っています。

 

AKB48デザインのリフィルマグ

[どなどな]  2012年11月19日 08時30分

先日、日清カップヌードルのリフィルを購入した
という話をさせていただきましたが
その関係で、情報を集めていたところ、こんなニュースが…。

日清食品ニュースリリースページ

そうです。今をときめくアイドルグループ

AKB48の
大島優子さん
小嶋陽菜さん
高橋みなみさん


…が、デザインされたリフィルマグが限定販売…とのこと。

数量限定なので、みなさんが、このブログを
見る頃には、もう無くなっているかもしれません。

私は、すでにマグを持っていますので、購入はしませんが…。
 

いえいえ、決して

私の推しメンがデザインに入っていないから

…という理由で購入を見送った訳ではないんですよ?

なんで、無いんだよー!! まゆゲフンゲフン。

…それはともかく。


このニュースを周囲に話したところ

「絶対、購入する!」

…という声も聞こえましたので

そのうち、ご紹介できるかもしれません(笑)。


でも…今日、家に帰るまで、在庫が残っているでしょうか…(^-^;)


このリフィルの存在を知らない人も多いと思いますし
AKB48さんのファン層も
カップ麺を良く食べる層と重なる部分もあるのであれば
こういった商品が広がる一つの機会になるかもしれませんね

リフィル

[どなどな]  2012年11月16日 09時00分

「リフィル(refill)」とは

詰め替え用・補充用のものを指す言葉です。

以前はシステム手帳の入れ替え用の用紙を指す言葉
…としてぐらいしか聞きませんでしたが
今では、色んなところで聞くようになりました。

もちろん、商品としては洗剤の詰め替え用の商品などを
はじめとして、良く見かけたりしていた訳ですが…。

そんな中、この商品を「ちょっと久しぶり」に見かけました

これです。

 

そう、カップヌードルリフィルです。

2007年の3月に発売されたそうなので
丸5年経過していることになります。

発売当初は話題となり、コンビニなどでも見かけましたが
最近では、コンビニでは見なくなりました。

私の近所のスーパーが全国チェーンの大手ではないので
もう、ほとんど見かけることがなくなってしまいました。

実は、私、専用のカップを持っているのですが
そんな訳で、ほとんど使わずじまい…。

ところが、先日、ちょっと遠くの大きな店舗に
買い物に来た際に見つけたのです。

ここは、やはり購入しなければ…。

…と、購入することにいたしました!

久しぶりにカップヌードルリフィルを食べて
いろいろと考えてみたいと思います。

その時は、またブログにアップいたしますね!

青葉区の「ヨコハマ3R夢!」推進キャンペーン その2

[どなどな]  2012年11月14日 08時50分

今回も前回に引き続き、青葉区のたまプラーザで行われた
「ヨコハマ3R夢(スリム)!」推進キャンペーンイベントの様子です!

前回、ご紹介したマイバッグコーナーの他にも
たくさんのコーナーがありましたので
それを順番に紹介していきましょう。

まずは、土壌混合法の説明コーナーです。
土壌混合法については、このブログでも紹介していますが
今、一番、興味深い話題かもしれませんね~。

ご家庭の環境などで、全ての方が出来るとは限りませんが
プランターなどが、いくつかあれば
わりと手軽に行うことが出来るのが、土壌混合法

場所が少なくて、たくさん出来ない方は
まずは野菜くずや、茶殻などだけでも
始めてみると、臭いも出にくいですし
やりやすいかもしれません。

取材した時も、熱心に土壌混合法について
尋ねている方がいらっしゃいましたよ!

こちらは、3R夢クイズの様子です!
まだ、ほかでもクイズが使われるかもしれませんので
内容の紹介はしませんが
ここを読んでくださっている皆さんなら
きっと出来るはずの問題です!
…たぶん。
これからも、一緒に3Rについて学んでいきましょうね(笑)

さて、他にもステージイベントもありました。
一つは「紙しばい」のステージです。

紙芝居舞台(…と言うらしいです。紙芝居の木枠ですね)も
立派で本格的です!

イーオとミーオが中心となって
地球の人たちに3Rを伝えていく内容となっています。

登場人物が非常に多い紙芝居なので
複数人でセリフなどを録音したものを
スピーカーで流している…というものでしたよ~。

今の子供たちに、紙芝居はどうなのかな…と思いましたが
やはり好奇心旺盛な子どもたちは、興味津々で集まってきて
熱心に紙芝居を楽しんでいました。
終わりには、拍手も湧いてましたよ!

そして、最後はじゃんけん大会の様子。
イーオとじゃんけんをして勝った子どもさんに
3Rに関連する商品などを渡していました。

えーと…ちなみに写真のとおりイーオが
直接じゃんけんをしている訳ではなく
テレパシーで後ろのアシスタントの方に
何を出すかを伝達
して、そのプラカードのようなものを
上げてもらう…というものでした。

いいんです!テレパシーなんです!(笑)

そんな感じで、かなり長い時間
このイベントに参加されているご家族もいたようですよ。

みなさんも、お近くで、こんなイベントを見つけたら
ぜひ参加してみてくださいね!
 

青葉区の「ヨコハマ3R夢!」推進キャンペーン その1

[どなどな]  2012年11月12日 09時22分

10月は、3R推進月間ということで
様々なキャンペーンやイベントが各地で行われたので
その様子を、まだまだご紹介していきたいと思います。

今回のイベントのご報告はたまプラーザからです。
2006年から駅周辺の再開発が行われ
すっかり綺麗になった、たまプラーザ。
私、再開発前のたまプラーザの印象しかなかったので
今回、まずは駅を降りてビックリしました!!

オシャレです!!
昔からオシャレな街の印象がありましたが
「タマプランヌ」の皆さんが闊歩するに相応しい美しさに
駅周辺は包まれていました。

ちなみに「タマプランヌ」は白金の「シロガネーゼ」的な
たまプラーザの大人な女性の皆様を指す言葉らしいですよ。

さて、そんな訳で、そんなたまプラーザ駅の駅ビル…になるのでしょうか
たまプラーザテラス」で3Rのキャンペーンが行われたそうなので
その様子をご報告したいと思いますよ~。



たまプラーザテラス敷地内の円形のステージ?がある
広場のようなところで、イベントが行われていました。
円形のステージを取り囲むように、様々なブースが出ていて
休日の親子連れの皆さんで、とても賑わっていました!



特に人気だったのが、このマイバッグづくり。
子どもたちが、楽しそうにマイバッグに絵を書いています。
見本においてある横浜市のマスコットである
「ミーオ」や「イーオ」に色を塗る子どもたちも
多かったようでした。

きっと、自分たちで作ったマイバッグですから
これからお買い物なので使ってくれることでしょう。

さて、そんな手作りマイバッグと言えば
とても凄いブースが出ていました!

こちらです!

とても絵の上手な方がいて、マイバッグに
子どもさんの似顔絵を描いてあげる…というものでした。
当日、マイボトルを持っている子供さん限定10名のみ
…ということでしたが、凄いですよね~。

本当にこの方は絵が上手で
写真手前の看板には、なでしこジャパンの澤選手などの
似顔絵マイバッグが見本であったのですが
もはや芸術品でした。

この日に似顔絵マイバッグを作ってもらえた
幸運な子どもたちは、きっと宝物になるんじゃないでしょうか。
 

あ、でも…

マイバッグは使ってもらわないとごみを減らせないので、

是非使ってもらいたいところです(笑)。


私は絵が下手なので、こういう方は本当に尊敬です。

それから、おそらく同じ方が描いたのであろう
ごみの水切りの看板もありました!

現在、青葉区では、生ごみの水切りに力を入れていて
青葉区内でモデル地区を作って、横浜市内の全区に先駆けて
生ごみの水切りの実証実験を行なったそうなのです。
そこで、確実な効果が出たこともあり
さらに水切りを推進しているんですよ!

それにしても、侍姿のイーオが、カッコイイですよね!!

(その2に続きます)
 

アピタeco博の様子 その3

[どなどな]  2012年11月09日 11時12分

「アピタ エコ博」の当日の様子のその3です。

基本的には、ごみの減量に関するブースは
「3Rを考えるエリア」に集中していたのですが
一つだけ、別のエリアにごみ問題を取り上げている
ブースがあったんですよ。

それは「NPO法人ごみじゃぱん」さんの



「減装(へらそう)」をテーマに

無駄な包装を減らす取組についての展示でした。

当日は「減装商品」とは何かという説明のパネルや
簡易包装商品や、詰換え用商品が展示されていました。

神戸大学の皆さんが中心となって活動されている団体で
現在、その中心的な活動となっている「減装ショッピング」
簡易容器包装や、詰換え用の商品などの購入を進めるもので
横浜市内では、この活動に
今回の「アピタ長津田店」さんと
以前「簡易包装推進キャンペーン」を行った
イオンリテールの「イオン金沢シーサイド店」さんが
参加されているようです。

詳しくは「NPO法人ごみじゃぱん」さんのHPをご覧くださいね!

他にも、花王さんのブースでは
泡切れの良い洗剤を中心としてエコな商品を紹介して
自然環境への影響や、省エネについて
説明を行なっていたり、
凸版印刷さんのブースでは、間伐材を利用した飲料用紙製容器
「カートカン」の展示、説明などが行われていましたよ。

このような感じで、アピタ長津田店にいらっしゃった
お客さんに、環境問題について考えてもらう
大変効果的なイベントになっていたと思います。

まずは、お買い物にはマイバッグを必ず持って出かける
それからだけでも、今まで環境問題やごみの減量に
興味の無かった方に始めてもらえると嬉しいですね!

アピタeco博の様子 その2

[どなどな]  2012年11月07日 11時11分

アピタ長津田店で行われた「アピタ エコ博」
当日の様子について、今回も書いていきたいと思います!

さて、スナックコート特設会場の「3Rを考えるエリア」では
横浜市もブース出展していました

ごみの減量に関するヨコハマ3R夢(スリム)プランを
紹介するとともに、横浜市における分別ルールを学ぶための
分別釣りゲームと、このヨコハマRひろばのウェブサイトでも
募集している「ヨコハマ3R夢サポーター」の登録受付も
行なっていましたよー。

分別釣りゲームは、相変わらず、どこでやっていても
大人気のゲームです!
楽しそうに、いろんなものを釣って
それを横浜市の分別ルールに従って
それぞれの分別ボックスに入れていく…というものです。

さすがに分別ルールは浸透しているだけあって
ちょっと迷うような難しい問題以外は
子どもさんでもポンポンと回答していました。

ごみの分別は3Rの基本中の基本です。
子どものうちから、これだけしっかりと分別が分かっていれば
3Rの基礎が大人になる前からできているということ。
この子たちが、年齢を重ねていった時に
「ヨコハマ3R夢プラン」の推進も加速していくことでしょう。

そして、3R夢サポーターの募集では
なんと70名以上の皆さんが登録してくれました!



その日にご登録いただいた皆さんについては
すでに全てこちらのサポーター一覧に反映されていますよー。

もちろん、基本的にはPCや携帯
スマートフォンなどからの登録ですが
このように直接、お話をさせていただいての
登録も楽しいものですよね!

この1階には、3Rを考えるエリアの他にも
環境についての取組を紹介するエリアもありました。

現在、太陽光発電の推進に力を入れている神奈川県では
ソーラーパネルの展示などを行なっていました。
その他にも、省エネ、大気汚染帽子などのテーマで
一番たくさんのブースを出していました。

駐車場では電気自動車の展示もあり
小さい子どもさんに人気でしたよ~。



震災後からは、いざと言う時の
補助電源としても期待されている電気自動車。
充電時間の短縮や、充電施設の増強など
課題がある電気自動車ではありますが
これから普及に向かうといいですよね!

(その3に続きます)

最新  前の10件  1  2  次の10件