ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2012年2月

リユース図書の贈呈式

[どなどな]  2012年02月29日 10時15分

前回の私の記事でお伝えしたとおり
今回は茅ヶ崎東小学校で行われたリユース図書の贈呈式
について、ご報告したいと思います。


さて、今回、このリユース図書を収集したイベントですが
ヨコハマRひろばのイベント情報コーナーに載っていたんですよ。
その後、メールマガジンでも、当日の様子をお伝えしたかと思います。

今回の贈呈式は、その時に寄贈された図書を
小学校に渡すために行われたものだったんです。

都筑区内の9小学校から希望があり
茅ヶ崎東小学校には、今回、34冊の図書が贈呈されました。

小学校の朝礼の際に、都筑区役所の資源化推進担当の方と
地域の図書ボランティアの方から、生徒さん達にお渡しする
…という形で贈呈式が行われました。


また、保育園などには、都筑区内園長先生に集まっていただき
希望する本をお渡ししたそうです。

その時の様子は、こちらのタウンニュースさんの
記事でも読んでいただくことが出来ますよ!

http://www.townnews.co.jp/0104/2011/12/15/128518.html

これから、このリユース図書たちが
多くの子どもたちに愛されてるといいですよね!

 

リユース図書とリユース文庫

[どなどな]  2012年02月27日 09時16分

今回は「リユース図書」というものについてお話したいと思います。

前回、少しだけ「リユース文庫」についてお伝えしましたが

それとは、ちょっとだけ違う取組なのです。

「ややこしー!」と思われるかもしれませんが
取組の名前のことは、ひとまず頭の端に置いていただいて

「書籍のリユースも、色々な取組があるんだな~」と思ってもらえれば良いと思います。

まず、「リユース文庫」なんですが
基本的には市民の皆さんが図書館等の指定された本棚やワゴンなど
規定の場所に本の持ち込みを直接行い
その本棚やワゴンを、また市民の方が見て
その中で欲しい本があったら、その本を直接持って帰るという仕組です。
場合によっては寄贈図書として図書館の貸出用の図書に加わることもあります。

これに対して「リユース図書」
現在、都筑区役所・都筑図書館とつづきっこ読書応援団という団体が
協働で取り組んでいるもので、イベントなどを通して、寄贈図書の収集を行い
寄贈を受けた本を、希望する小学校や保育園にお渡しする仕組です。

ご理解いただけましたでしょうか…。
説明が下手でわかりづらかったら、すみません。

「リユース図書」の方は、今、ご説明した通り
現在のところ、都筑区だけで行われている取組です。

なぜ、この話をしたのか…というと
今回、その「リユース図書」の贈呈式が茅ヶ崎東小学校で行われたのです!

次回は、その贈呈式について、お話したいと思いますよ~。

「ロスト・シンボル」とリユース文庫

[どなどな]  2012年02月24日 09時27分

職場で読み終わった不用な本を集めています。

 

すると「おっ」と思う本がありました。

「ロスト・シンボル」です。

「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」に続く
ロバート・ラングドン教授の活躍を描いた
アメリカの作家ダン・ブラウン氏によるミステリー小説です。

今年、前作同様トム・ハンクス主演で
映画化もされるという人気作品であります。

私も「ダ・ヴィンチ・コード」は読みました。
疾走感があって、映画的な面白さがあるな…などと思っていたら
あっという間に映画化されました。

…って、完全にブログの趣旨から外れてます

このブログは、書評のブログではありませんでした(苦笑)。

ブログの本来の趣旨に戻りますが
なんで、不用な本を集めているかというと

横浜市のリユース文庫という制度に協力する ためです。

横浜市内図書館や一部の区役所などに
リユース文庫という本の交換スペースが設置されていたりします。

そこに持っていけば、また欲しい人がその棚から持って行ったり
図書館が寄贈図書として、貸出図書に加えたりするというものです。

この「ロスト・シンボル」も発売は2010年ですが
映画化を控えて、人気が再燃すると思いますので
どこかの図書館に貸出用として寄贈されることになるかもしれませんね。

これもかぁ?

[ゲスト2]  2012年02月20日 08時59分
先日、日帰りでスキーに行ってきました。

お菓子で有名な、シャ〇レーゼスキー場。。

いろいろなイベントを催していて、
例えば、土日の午後3時にはぬいぐるみが登場して、
子供たちにお菓子をプレゼントしています。 

休憩中、今年のイベント情報をぼんやり眺めていると、
今月のエコ企画、協力いただければ、お菓子のプレゼントがあります!の文字。

さすがエコブーム、スキー場も頑張っているなぁ〜、と思って詳細をみると、

「Myはし」  
「Myバッグ」
「Myコップ」

「Myハンカチ」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
そもそもスキー場に「Myはし」とか「Myコップ」をもっていく発想がなかったので
軽く衝撃をうけたのですが、大きく衝撃を受けたのが「Myハンカチ」。

トイレのペーパータオルのことか?他に意図はあるのか?

様々な憶測はあるものの、ハンカチは持っていたので、
お菓子をゲットだぜっとおもいきや、
Myハンカチは12月の企画で終了していましたとさ。。。


ハンカチをもっていることは、立派なエコ活動。
気付かないうちに、リデュースに取り組んでいるんですね〜。。



サーバーメンテナンスのお知らせ

[どなどな]  2012年02月17日 09時04分

「ヨコハマRひろば」ウェブサイトおよび
「ヨコハマRひろばブログ」は

2月22日(水) AM8:00から3時間程度

データセンターのメンテナンスの為、
御覧いただけない場合がございます。


何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

カトレヤプラザ伊勢佐木

[どなどな]  2012年02月16日 09時18分
つい先日オープンしたばかりのカトレヤプラザ伊勢佐木
行って来ましたー。



こうして見ると、それほど混雑しているように見えませんが
中は、大混雑で、写真を撮るどころではありませんでした…。

この場所に以前あった松坂屋の前でストリートライブを行なっていた
人気デュオの「ゆず」さんの写真展とビデオメッセージなんかがありましたよ~。

時間がなくて、ざっと見ただけで出てしまったので
一つ一つのお店をじっくりは見てこなかったのですが
衣類のワケあり商品を販売するお店がありました。

いわゆるアウトレットになるのでしょうか。
アウトレット…も、本来なら不良品として扱われてしまうのを
それでも納得してもらえるなら…ということで販売するものですよね。
これも、リデュースにつながっているのでしょうか…?

もう少しして、混雑が緩和してくる頃に、もっとじっくり見たいと思います。

マイ箸♪

[いずみーる]  2012年02月15日 08時51分
 リデュースに関わる仕事をするようになってから「マイ箸」を持つようになりました。

 
箸、箸ケース、箸袋。



せっかく持つなら、箸だけじゃなく、袋まですべてそろえないと嫌!と思ってしまう



私の「マイ箸」がこれ♪
 

 












ところがある日。。。



家族から「これ使う?」と差し出されたもの。。。
 

 










そう、こちらも携帯用の箸。



家族が買った化粧品についてきたみたいなんです。
 

「えっ、箸もってるし…。でも、使わないのももったいないし…。」なんて思いながら、
 

よくよく見てみると、箸も箸袋の素材も違うし、ボタン一つで簡単に取り出しできるし、
 

それに、化粧品の景品ともあってか意外とオシャレなのです!


 
「あれ?案外良いかも!?」
 


今では、どちらの箸も私のお気に入り!


その日の気分で使い分けてるんです!
 


お気に入りの箸でご飯もよりおいしく感じるようになりましたよ♪

ヨコハマRひろば2011当日の様子 その4

[どなどな]  2012年02月13日 08時51分

さてさて、長くおつきあいいただきました
「ヨコハマRひろば2011」の当日の様子についての記事も
今回で最後となります!

今回は、リデュース行動を実際に体験してみるという
「体験コーナー」についてです。
 

包装材などをリデュースするための「風呂敷の包み方講座」

不要な布などを使って小物をつくる「不要品の再生講座」

新聞紙などを使ってバッグをつくる「紙バッグつくり講座」
 

の3つの講座を用意しました。

いずれの講座も日常生活で上手に取り入れれば
ごみのリデュースにつながるものです。

でも…

実は、私が最も心配していたのが、この体験コーナーでした。
「当日の様子 その1」でもお話したとおり
この会場は、半屋外のような場所で外気が吹き込みます。

12月の中旬の寒い時期に、この場所で椅子に座って
15分以上も講座を受けていただけるのだろうか…。

手が寒さで動かなかったりすることはないだろうか…。

もし、人が来てくれなかったら、わざわざ、この寒い中
おいでいただいた講師の方にも申し訳ない…。

そんなことばかりを考えていたのです。

当日、講師の皆さんは、それぞれの作品などを展示していただきました。
講師の皆さんの活動をご紹介するためと、講座に興味を持っていただくためです。
そして、イベントが10時にスタート。
イベント開始から1時間後に、午前の部の講座が始まります。

すると、講師の皆さんが展示したものに興味を持った方々が
展示物を見学し始めました。

「おっ、イケそう…じゃないか…」

そして、体験コーナーの午前の部の講座が始まると
席が少しずつ埋まって行きます。



しかも、幸いなことに、思ったより寒くありません。
(もちろん、思ったより…であって、寒いは寒いのですが…)

埋まっている講座の席を見て、正直、ホッとしました。



さらに午後の部になると、始まってすぐに席が埋まり
順番待ちをする人まで出る大盛況となりました。

結局、午後の部は時間を延長して
イベント終了ギリギリまで行うことになったのでした。

魅力的な講座を寒い中で開催していただいた講師の方には
本当に感謝するほかありません!

そんな訳で「ヨコハマRひろば2011」当日の様子のご報告も
これで終わりです。

また、ヨコハマRひろばのイベントが開催できる時があれば
このブログなどでもお知らせしていきたいと思います!
 

ヨコハマRひろば2011当日の様子 その3

[どなどな]  2012年02月09日 13時58分

今回は「ヨコハマRひろば2011当日の様子 その2」の
パネル展示、クイズラリーコーナーに続いて
「みんなで選ぶマイボトルコーナー」の当日の様子についてです。

このコーナーは

「これからマイボトルを購入したいけど
 マイボトルの種類が多すぎて、何を買ったら良いのか良くわからない」

と、思っている方に向けて
分かりやすくマイボトルの種類と特徴を説明して
実際にそれぞれのマイボトルを展示して触ったりした上で
自分が欲しいと思うマイボトルに、投票してもらうコーナーでした。

これは、運営スタッフの一人が
「マイボトルを買おうと思って店に行ったけど、迷って買えなかった」
…という話をしたことから作ったコーナーだったんですよ。

運営スタッフの一人が
とっても可愛らしいデザインのコーナーを作ってくれたお陰で
マイボトルへの投票を420人もの方にしていただけました


 

マイボトルの投票結果は、どのようにマイボトルを使いたいのか
…というマイボトルに関わるライフスタイルに関係するものなので
私たちも、その結果には注目していたのですが…。

 

その結果は、以下の通りでした!


 5位 どっしりタイプ        46票

安定して、量も多く入るマイボトルが、どっしりタイプ。
でも、カバンなどに入れづらいとの理由で、最下位でした。

ただ、面白いことに
どっしりタイプを選んだ人のほとんどが男性だった
とのことで、あまり見ないデザインと大容量が
男性向きだったのかもしれませんね。
当日は、やはり女性が多かったので、その辺も影響したのかもしれません。

 


さて、次は…

 4位 スクリューキャップタイプ   51票

スクリューキャップタイプは、飲み口が広くて
中も洗いやすいのが特徴です。
飲み口が広いため、香りもフワッと広がるため
香りを楽しむ飲み物にも向いています。

…ただ締め方が緩いと、持ち運びの際に漏れてしまったり
開け締めが少々面倒だという方も多く、この順位に。

 


いよいよトップ3ですが…

 3位 コップ付きタイプ       90票

昔ながら(?)のコップつきタイプが意外な健闘です。
コップさえ洗えば、他の人にも分けやすいですし
なによりコップに注いで飲むので飲みやすいのが
支持の理由のようでした。

 


次は惜しくもトップを逃した…

 2位 ワンタッチ開閉タイプ    108票

飲み口のところに付いているボタンを押すと蓋が開いて
そのまま飲めるというタイプのマイボトル。
慣れれば片手で開閉できることから「便利」と人気だったようでした。
ただ、少々作りが複雑になるので、お手入れが面倒そうだという方も…。

 

 

そして、栄光の第1位はこちら!

 1位 スリムタイプ        125票

やはり持ち運びに便利なスリムタイプがトップになりました。
どっしりタイプが5位なので、その裏返しの結果です。
皆さんがマイボトルに求めているのは、手軽さと持ち運びやすさ
…ということが、この順位から分かります。


実際には、単純にスリムタイプ、コップ付きタイプ…
…ということではなく
それぞれの機能が複合的になっている訳ですが
今回は、その違いを明確にするために、単純化して投票していただきました。

今回、投票いただいた皆さんの多くは
マイボトルに「携帯性」を求めている…ということになるのだと思います。

皆さんも、ご自分のスタイルにあったマイボトルを探してくださいね!

 

「こんにちは♪」

[クリキンディ]  2012年02月07日 09時38分

足先もかじかむ今日このごろ。

ある日、足の指先に妙な開放感を感じつつ、家に帰ってブーツを脱ぐと…
 

…あぁ、またか。。。



厚手のストッキングを履いた足先から、親指が「こんにちは♪」



…ブーツを脱いだ時点では、まだキミには会いたくないのよ。

なんでここ最近、こんなによく会うのよ。。。



足の爪もしっかり切っているのに、いつも穴があくのは決まって左の親指。
(なんでなの。)


何がもったいないって…


ストッキングって、穴を繕うことができないし。。。

古ストッキングは、靴みがきやおそうじなどで便利だけど、ほとんど
使っていないストッキングを、すぐ雑巾代わりに使うのはせつないし。。。

さらに、燃やすごみになるストッキング、化学繊維を燃やすと温室効果ガスの
発生量
が、生ごみや紙ごみに比べてなんと100倍以上も多い(!)らしいので、
大切に使っていきたい。。。


そしてそして…


この時季のストッキング、厚手だったり、あったか加工だったりで、
ややお高いのですよっ。


あぁ、もったいないったら。。。




そこで、立て続けに「こんにちは♪」事件が頻発している原因を
あらためて考えてみました。


この冬に履き始めたお気に入りのブーツ、サイズがやや大きい。

かかともやや高くて、ブーツの中で歩くたびに足が少~しずれて…

あぁ、それで足先がひっぱられて穴があいちゃうのね。

そういえば、このブーツを履いているときに事件は頻発している。


な ら ば  と…


このブーツを履くときには、ストッキングの上から靴下を履くことに!

靴のサイズもぴったりになって歩きやすくなり、親指に「こんにちは♪」される
こともなくなりました♪

なぜ左足だけ穴があくかはわからないままだけれど…

靴下を履くようにしてから穴はあかなくなり、ストッキングごみのリデュース
成功したので、細かいことは気にしな~い。
 

めでたし、めでたし。




ただ…重ね履きで、足先までぽかぽかになり…

食後の眠たさが倍増するのは、ちょっと困りもの。。。

最新  前の10件  1  2  次の10件