ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2012年8月

マイボトルって、お金の節約にもなりますよね!

[らいす林]  2012年08月30日 11時11分
 ついに!念願のマイボトルを入手しました!



 今までは毎日、500mlペットボトルのお茶を買っていたので、150円かかっていましたが
家で買った2リットルペットボトルからマイボトルに注げば、半額程度ですみます!
お茶葉を使って家でお茶を作ってマイボトルに注げば、
もっと安くなりますよね♪


 ごみを減らして環境にやさしいだけでなく、自分のお財布にもやさしい「マイボトル」。
 まだ手にしていない方は是非使ってくださいね♪
 周りのお友達にもススメてください!

白いシャツと黄ばみ その2

[どなどな]  2012年08月27日 11時22分

さてさて、前回は白いシャツがリデュースの観点(?)から
すぐ黄ばんじゃって、着れなくなってしまうから
「もったいなくて買えない!」というお話をさせていただきました。

あ、もちろん、至極、個人的な異見です。
白いシャツを製造されている皆さん、怒らないでください。

「もったいない」と思うのは、黄ばみが落ちないから…
だったのですが、先日、テレビでその黄ばみの落とし方をやっていました。

朝のニュース番組だった気がするのですが

重曹1:漂白剤3の割合で水に溶かして

黄ばんでいる部分に塗った後に、蒸気に当てる

…というものでした。

少なくとも番組の映像の中では

それで黄ばみが浮き出てきていました!

浮き出たら、ぬるま湯で流せが綺麗になる…ということでした。

映像では蒸気を当てるのを、ヤカンなどでやっていましたが
ちょっと、火傷しそうで怖いです(苦笑)

でも、最近話題の高圧蒸気洗浄機みたいなのがあれば
全体的な黄ばみも落とせるかもしれません。

いえ、まだ実際にやってないので分からないのですが…。

今回の件とは別に、年末などの掃除用に
高圧蒸気洗浄機が欲しいと思っているので
買ったら試してみたいと思います。

白いシャツと黄ばみ その1

[どなどな]  2012年08月24日 11時22分

私は白いシャツをあまり持っていません



使い古したわけでも、洗濯をしていない訳でもないのに
時間の経過とともに、黄ばむことが多くなるからです。

原因としては、汚れが衣類に残っていて
それが空気や湿気に反応するかららしいのですが
クリーニングなどに出したものでも
そのようになることは珍しくありません。

逆に言えば、他の色のシャツも
同じようになっているはずですが目立ちません。
目立つのは、色が白いから…に他ならない訳です。

ですが、やはりTシャツにせよ、Yシャツにせよ
カジュアルシャツにせよ、1枚くらいは
白いシャツを持っている必要があったりします。

それで、たまに着て、洗濯して…シーズンを越すと

「うわっ、首元が黄ばんでいるっっ!!!」

…となってしまう訳です。

無理して、その後も着たりはしますが

「みっともないから、やめて」などと家族に言われ

泣く泣く古布の日に出す…というハメに。

だから、白いシャツ類は、もったいない!ので
あまり買わなかったのです…が。

そんな私の中の常識を覆す情報を先日聞きました

長くなってしまったので、続きは次回に…。

生ごみの水切り その1

[ふじ]  2012年08月20日 09時50分
 毎日とても暑い日が続いていますね。
 夏場は、ごみが腐敗して嫌な臭いが発生することがありますが、それは生ごみに含まれる水分が原因のようです。
 
 既に実践されている方もいらっしゃると思いますが、生ごみに含まれる水分を減らすことで、嫌な臭いを軽減できるほか、ごみの減量や焼却工場における発電量のアップにもつながるそうです。
(詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/nama-eda/nama/index-mizukiri.html
 
 ということで、生ごみの水分を減らす水切りを実践してみました。
 
 今回は、排水口に取りつけた水切りネットにたまった生ごみを、ぎゅっと直接しぼる方法でやってみました(ほとんど水滴が出なくなるまでしぼりました。)。


 






 


 
 
 
 合計6日間行ったところ、ごみの重量は日によって異なりましたが、しぼることができた水分は1日当たり平均15グラム、水切りネットにたまったごみ全体の重量比にして21.3%の減少となりました!(各家庭により生ごみの量や処理の仕方は異なるので、上記の数値はあくまでも参考数値となります。)
 
 15グラムの水分は、ペットボトルのキャップ3杯分に相当します(500mlペットボトルのキャップ1杯が約5mlです。)。
 
 ゴム手袋が汚れたりするので、生ごみを直接しぼることに最初は抵抗を感じましたが、習慣にしてしまえば抵抗なくできました。
 
 今後も、このひと手間を続けていきたいと思います。

 次回は、今回と異なる方法で行った結果を報告をします。

マイボトルで、おいしくスポーツ観戦!

[クリキンディ]  2012年08月17日 14時32分

久しぶりに行ってきました!日産スタジアム!!

いやぁ…広いですねぇ。。。
そして、サポーターのみなさんの応援、ものすごい熱気です。


テレビで見るのと実際に足を運ぶのとでは、臨場感が全く違いますね!
かなり上の方の席にいたのに、それでも選手たちの熱気が伝わってきました。



前半が終わり、ハーフタイムが始まると…
スタジアムボランティアのみなさんが奥から何かを持って出てきました!



トラックをぐるっと一周して、我々の前に現れたのは…
マイボトルスポットのPR隊でした!



そう、この日産スタジアムは、「マイボトルスポット」なのです!!

スタジアム内のすべての売店(31か所)で、持参したマイボトルに直接飲み物を入れて
販売しています。
しかもマイボトルなら、うれしい10円引き!

マイボトルスポットの横断幕とのぼりは、ゆっくりとトラックを一周し、観客のみなさんに
PRしていました。


ではでは…さっそく売店へ♪



すべての売店に、マイボトルスポットののぼりが貼ってありました。
(暗くてわかりにくいですが、お店の左側にご注目を。)

ソフトドリンクはもちろんのこと、なんとここ日産スタジアムでは、
ビールもマイボトルに入れて販売しています!

…やっぱり…スポーツ観戦にはビールでしょうっ!!

ということで、売店でビールを買うことにしました。

「ビール、このマイボトルに入れてくださ~い♪」




マイボトルを持ってスタンドに戻り、ビールを飲みながら観戦していると、
驚くべき発見が!

紙コップとは全く違い保温性のあるマイボトルなら、
長時間冷たいまま、おいしくビールを楽しめるのです!

これは間違いなくおススメです!!


ただ、心配なところは、ビールのにおいがボトルに染み付かないかということ。
でも、これも大丈夫でした!
持ち帰って食器用洗剤で普通に洗い、翌朝、嗅いでみましたが、臭いは残っていませんでした。

新品のフッ素加工がしっかり防いでくれたのかもしれませんが…
不安な方は、以下のお手入れ方法もご参考にどうぞ♪

 マイボトルのお手入れ(環境省 マイボトル・マイカップキャンペーンサイト)


…ちなみに、缶から移し替えるなら、

缶のごみが出るしリデュースになってないじゃん!

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが…
ここ日産スタジアムでは、缶とビンの持ち込みは禁止されているのです。

売店で缶やビンに入った飲み物を買うと、必ず紙コップに移し替えられるので、
マイボトルを活用すればこの紙コップの使い捨てを防げるのです!

なお、売店だけでなく、
スタンドの売り子さんの缶飲料販売もマイボトルでOK!
もちろんこちらも10円引き!


また、サッカーの試合だけではなく、売店が営業する時にはいつでもマイボトルが使用できる
そうですので、日産スタジアムに行くときには、ぜひご利用を♪

ちなみに、マイボトルの容量500mlくらいあれば缶ビールや炭酸飲料でも
350ml缶分が丸々入れられます。
生ビールも、550ml以上のマイボトルならば、泡も含めて一杯分の量が全て入るそうですよ。

また、炭酸飲料を入れる場合は、マイボトルのふたは閉めず、
カップのように使ってくださいね。

その他、詳しくは、以下の日産スタジアムのQ&Aをご覧ください。
 http://www.nissan-stadium.jp/news/data/id4f601f3f7e3ff_pdf2.pdf




…さて…楽しくサッカー観戦した帰り道、気になったのは…



紙コップや食べ物の使い捨て容器などが、ごみ箱に入りきらず、
山のようになっていました。
ここは全然少ない方で、出入口階のごみ置き場は、本当にひどい状況でした。

使い捨て容器って便利だけど…
後に残るのは、一度使われただけで捨てられた、たくさんのごみ。


つい目を背けてしまいがちですが、使った後のことまでちゃんと考えていきたいですね。




ちなみに近年、イベントでの食べ物販売において、繰り返し使える食器である
リユース食器」の導入が進んでいます。

横浜市内でも各区の区民まつりなどで使われていて、おいしく食べた後、きちんと
回収所に返せば、食器はきちんと洗浄されて次のイベントで使われます。

イベントごみをぐっと少なくする「リユース食器」。
利用がさらに広がっていくといいですね。

「リユース食器」についてもっと知りたい方は、写真付きで分かりやすい
横浜市資源循環公社さんのページをどうぞ♪

分別のしかたが分からないときに便利!

[らいす林]  2012年08月14日 09時00分
「傘ってどう出すんだっけ?」
「カップラーメンは紙?燃やすごみ?」
「洗面器はプラスチック製容器包装?燃やすごみ?」


みなさん、全部即答できますか?

分かりにくいごみの分別のしかたを簡単に調べる方法があります!
それが、「ミクショナリー」
横浜市資源循環局のホームページから利用できます。
(URL:http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/



左上の「Mictionary」の記入欄に、自分の調べたいごみの名称を入力します。
たとえば、「傘」の出し方を調べたい場合は・・・



「傘」を入力して検索ボタンを押します。
それだけで終わりです!
検索ボタンを押すと、下の画像のように関係するごみの品目の出し方が表示されます。


使い方も簡単なので、是非一度お試しください!

小さなことからコツコツと!

[どなどな]  2012年08月09日 09時02分

表題は、某関西の師匠風にお読みください。


ジャスミン茶の話を以前したのですが

ティーバッグの処分に、多少なりとも工夫をしてます。

 まぁ、工夫と言っても
個人のゴミ箱の中に放置しておくだけなのですが。



数日、放置しておくとカラっカラに乾きます。

その重さ4gです。


ちなみに、飲み終わった直後のティーバッグの重さは

測ってみたところ28gもありました。


なんと重さが1/7になるんです!


手間といえば、乾いたものをゴミ箱から拾って
生ごみ集積のところに持っていくくらいですかね(苦笑)。

お茶なら、他の生ごみとも違って、臭いませんので
気軽に始められるのではないでしょうか。

もちろん、各ご家庭や職場で必ずできる訳ではありませんが
簡単にできることから、リデュース行動やってみてくださいね。

 


 

楽しく学べる「プレパークさかえ」 

[らいす林]  2012年08月06日 11時41分
今日は、栄区施設
「プレパークさかえ」
の紹介です。

目玉は、なんといっても
「リユース家具」!
粗大ごみとして出されたもののうち、
きれいなものを、なんと!無料で市民に提供しているとのことです!

新品同然の机や棚、
使いやすそうな椅子やラックなどがたくさんありましたよ!

皆さんもぜひ一度ご覧くださいね♪


そのほかにも、プレパークさかえでは
間違えやすい分別の説明や、昔のごみ収集の様子をリアルなジオラマにして展示しています。


さらに、使用済みの油を使ったキャンドル作り教室もやっているようです!


ごみからできたとは思えないくらい、きれいなキャンドルができあがりました!


くわしくはプレパークさかえのWebページをチェックしてくださいね!


赤ちゃん会

[どなどな]  2012年08月03日 08時30分

さて、今回は赤ちゃんがいる保護者の方を対象とした
ごみの啓発事業を見に行って来ました!

これは、都筑区の「赤ちゃん会」という
1歳になるまでの初めてのお子さんがいる保護者を対象として
情報交換や仲間づくりなどを目的として開催されているものだそうです。
当日も、可愛らしい赤ちゃんを連れたお母さんたちが
たくさん集まっていましたよ!

都筑区では、その「赤ちゃん会」の中で
ごみの分別や3Rに関する講座を行なっているのです。

まずは、横浜市のごみの分別の説明からです。
区の職員の方が、分かりやすく、分別の説明をしていきます。

でも、最近に引越しされてきた方も多いのか
「プラスチック製容器包装」と「古紙」の分別の話
のところでは、驚きや、感嘆の声が漏れたりしていました。

「プラスチック製容器包装」と「古紙」の分別は
確かに間違いやすいところです。

あれ…?ちょっと自信がなくなってきた…。

…という方は、こちらのページ
再度、確認してみてくださいね!

続いては、水切りの説明が行われました。

ごみが軽くなり、腐敗しにくくなる上
水分が少ないと、燃焼効率が良くなり
焼却工場での発電効率も良くなる
良いことづくめの生ごみの水切り

ごみ袋に移す前に、
水切り袋をギュッと、ひと絞りいただくだけで
だいぶ違うという話でした。
皆さんも、ごみの減量のためにも水切りにご協力をお願いいたします。

最後は、ヨコハマRひろばでも取組を進めている
マイボトルスポットの説明をしていただきました。

都筑区では、区役所内の食堂などがマイボトルスポットになっていること
いくつかのコーヒーチェーン店もマイボトルスポットに参加し
マイボトルに飲料を入れてもらう場合は割引があることなどを説明すると
皆さん、感心したように頷いていました。
割引まであることは、意外と知られていないようですね!

また、参加された皆さんには、マイバッグと資料が渡され
大変、喜ばれていました。

赤ちゃんたちの未来のためにも
3Rで環境の良い横浜を残していきたいですね!
 

 

どじょこん日記 その6(30日目)

[らいす林]  2012年08月01日 11時46分
 お久しぶりです!
 どじょこん日記の続きです。

 ブログ書いてないってことは、失敗してるってことじゃないの!?
と思っているみなさんに、ご報告です!



 まずは、我が家の生ごみを埋めたプランターの状況のご報告です。
写真の中央に見える大きな土の塊、
実はこれ、魚の皮です!
魚の皮は1か月近く経っても分解しません。

 あと、ちらほら見える小さな白い物体。
これは、卵の殻です。
 卵の殻はカルシウムだから、微生物もなかなか食べてくれないのかも
しれませんね。

 次は、種類ごとに分けて分解の様子を見ていた実験の結果のご報告です。
(何のことか分からないひとはバックナンバーをご覧くださいね!)


 土に埋もれて見えにくいですが、
野菜の皮がまだ残っています。
 野菜の皮は、やっぱり分解が遅いようですね。
 ただ、ここ最近虫が発生するのを恐れて水分を土に加えていなかったので、
もう少し水を足してあげて分解の様子を見ようかと思います。


 ここまでどじょこん日記を読んで下さったみなさん、
「生ごみを分解させるために使った土はどうするの?
土が増えたら困らないの?」

と思われていませんか?
 次は、
「土壌混合法で土が増えるのか?」
を調べてみたいと思ってます。

 乞うご期待!