ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2013年1月

色々変わっていくものですよね

[どなどな]  2013年01月31日 10時38分

私が子どもの頃は、衣料用洗剤と言えば
「粉末」が主流でした。

花王さんでは、なんと1964年には液体洗剤
すでに販売していたらしいのですが
私はわりと最近まで身近で目にすることがありませんでした。

しかし、2010年には、衣料用洗剤のシェアの中で

液体洗剤が粉末洗剤を上回ったそうです。

私の家でも、それぐらいの時期に
液体洗剤にシフトしたような記憶があります。

前年から超コンパクトの濃縮液体洗剤が販売されたことが
多くの家庭での液体洗剤へのシフトを促したそうです。

「泡切れが良く、すすぎの回数を減らせる」というのが
ウリとなっており、節水、節電意識も手伝って
大きく売上を伸ばしたといいます。

我が家では、洗濯機の所定の位置に粉末洗剤をセットすると
時折、溶け残りが出てしまい衣類を傷めたりすることがありました。

そのこともあって、液体洗剤の方が良い…という結論になり
価格も粉末洗剤と、あまり変わらなくなってきたため
変えたようだった…と記憶しています。

その後、抗菌や香り長持ち、柔軟剤入などの
付加価値商品が液体の特性を生かして続々と発売され
現在では7割以上の人が液体洗剤を使用している
…というデータもあるそうです。

さて、なぜこの液体洗剤の話を始めたのかというと
液体洗剤になったことで「詰め替え用」の商品
衣料用洗剤でも出てくるようになったからです。

もちろん、柔軟剤やウール用洗剤などは
かなり前から液体でしたし、詰め替え用もありましたが
ようやく通常の洗濯用の洗剤にも
詰め替え用が出てきたことになります。

さすがに粉末洗剤の時代は、紙箱でしたし
入れ替える際の粉の飛散を考えると
詰め替え商品に適さなかったのでしょう。

このように生活のスタイルが変わること
新しくリデュースにつながるような商品が出ることも
あるのかもしれませんね。

ちなみに、粉末洗剤の紙箱は香りなどの関係から
古紙のリサイクルには向きませんので
横浜市では「燃やすごみ」として分別されています。

でも液体洗剤でよくあるプラスチック容器や詰め替え用の包装
横浜市では「プラスチック製容器包装」になります。

時折、紙とプラスチック製容器包装が混ざってしまって
「少しでも汚れたらプラスチック製容器包装も燃やすごみ」
…と勘違いされている方がいらっしゃるようなので
最後にちょっとお話してみました~。

 

詰め替え商品とリデュース その2(シャンプー)

[らいす林]  2013年01月29日 08時26分
よく、詰め替え商品を買ったほうがごみが減る!
と言われますが、どれくらいごみが減るかご存じですか?

我が家のシャンプーで計ってみました。





シャンプーのボトルの重さは約90グラム。
詰め替え商品の重さは約20グラム。
詰め替え商品を買うとプラスチック製容器包装が4分の1しか出ないことが分かりました。
仮に2か月で1本、シャンプーを使いきるとすると、
1年間で約420グラム、プラスチック製容器包装を減らせることになります。

詰め替え商品のほうが、買い物のときもかさばらないし、
捨てるときも楽
ですよね。

我が家のシャンプーでは金額面でのメリットはありませんでしたが、
他社商品では詰め替え商品のほうが若干安いものもあるようです。
(容器にかかるコストが安くなるからですかね。。)


値段についてもこれから調べてみたいと思いますので、ご期待ください!

ヨコハマRひろば2012を開催しました!

[つのでゅー]  2013年01月23日 09時31分

昨年の12月16日、新都市プラザでヨコハマRひろば2012を開催しました!

今回で二回目の開催となりますが、大盛況で終わったこのイベントについてご紹介します!

このイベントは、ヨコハマRひろばにおいて、提案された取組を検討または支援を行った成果を発表し、リデュースについて理解してもうらことをテーマとして開催しています。

昨年の5月から市民委員の皆さんを中心に、今回のイベントについて企画を行ってきました。
リデュースをどのように市民の方に広げられるか、実践してもらえるかを試行錯誤しながら、毎回の打ち合わせで熱心な話し合いが行われました。

なお、当日は鶴見大学のボランティアさんにもお手伝いいただき、一緒にイベントを盛り上げてもらいました。
当日の内容や様子は下記をご覧ください。
 

【パネル展示・クイズラリー】


ヨコハマRひろばで支援した取組のほか、リデュースに関する基礎的な情報を、A1サイズのパネルにして、展示しました。



また、展示したパネルをもとにクイズを作成し、クイズラリーを実施しました。
クイズラリー終了者には、マイボトルや、マイボトル用ブラシ、マイ箸などのリデュースに関係する啓発物品を景品としてお渡ししました。

景品の数に合わせて550枚ほどの問題用紙を用意しましたが、終了間際には問題用紙が無くなるほどの人気でした。
クイズになっていることから、パネルを真剣に読んでおられた方も多く、「これを機会に3Rやリデュースを始めていきたい!」という声もあり、来場者の方にヨコハマRひろばの取組内容や、リデュースの取組について知っていただく機会となりました。


【リデュースな暮らし展示コーナー】


「リデュースという言葉はわかったけど、実際にどんなことをすればいいの?」と思っている来場者向けに、リデュースにつながるグッズや取組を、「おうち編」・「お出かけ編」・「ごみ編」と3つの分野に分け、展示コーナーを設置しました。



来場者の方は、実際に展示品を興味深く見たり触ったりされていたほか、スタッフによる説明に対しても熱心に聴き入っている姿が多く見られました。
「日常で持ち歩いている物がリデュースにつながることを知らなかった」「今後は意識しながら、リデュースに取り組んでいきたい」という意見もいただきました。


【体験コーナー】


マイバッグの普及啓発として、無地のバッグに型抜きされたシートを用いて絵の具で色を塗り、オリジナルなマイバッグ作りを体験できる、ステンシルマイバッグ作り講座を開催しました。



午前3回、午後2回の計5回、それぞれに30分間の時間で講座を行いましたが、すべての回で定員が一杯になり、親子で参加されている姿も見られ、とても好評でした。
「自分で作ったマイバッグを持ち、これからはレジ袋の代わりにマイバッグを持ちたい」という意見もいただきました。


当日は天候も良く、イベントに参加していただいた方も多く、大盛況のうちに終了しました!
今回参加していただいた方にはリデュースについて知っていただくとともに、日常でもリデュース行動を実践していただける機会となりました。

リフィルマグを使ってみました!

[どなどな]  2013年01月21日 08時30分

せっかくリフィル用のマグも購入したということで
実際にリフィルで食べてみることにしました!



基本的に給料日が近くなると
カップ麺を食べることが多くなるので
今こそ、3R活動に勤しむチャンスです!(?)

と言う訳で、取り出したのが…

これです!!

どん兵衛です!
 

カップヌードルじゃねーのかよ!!
 

…というご意見もあろうかと思いますが
私がカップうどんが好きである…ということ以外にも
どん兵衛には、カップヌードルには無い
興味深い点があるので、今回はこれで行きたいと思います。
 

ご存知のとおり、どん兵衛の本来のカップは
もっと大きいどんぶりのようなカップです。

ですから、お揚げとかも小さいように思います。

でも、待ち時間は、カップと同じくお湯を入れて5分です。

私のリフィルマグは、電子レンジ対応ではありませんが
電子レンジ対応のものだと
なんと水から500wのレンジで4分で出来上がるそうです。

そんな訳で、出来上がりはこちら。

時折、サービスエリアや、旅館などの自販機で見かけるような
カップうどんを思い出させてくれます。

実食してみると…

おだしは、当然、いつものどん兵衛ですが
麺は、ちょっと現在のカップのどん兵衛とは違う気がします。
少々、ペラッとした感じです。

それから前述のとおり、お揚げが小さい…というのが
違いでしょうか。
お揚げ自体も、今のどん兵衛のお揚げの食感というより
以前のどん兵衛のお揚げの食感に近いです。
ちょっと、懐かしい感じがします。
 ※伝わりますでしょうか…(苦笑)。


さて、大事な計量です。

……2g。

たった、2gです。

どん兵衛のカップは、プラ製でおよそ20g
 ※スープの小袋等も含みます。

10分の1。18gの減量ですね!

ただカップのものと完全に同じではないので
そこら辺は、好みが出てくるでしょうか。

でも、なんとなく楽しいですね。
今後も、試したものを報告していきたいと思います。

キッチン収納を工夫してリデュース!

[クリキンディ]  2013年01月18日 10時00分

先日、日本最大級の環境展示会である「エコプロダクツ2012」
行ってきました!

「エコ」に関連して、実に様々な企業や団体などが集まるこの展示会。
いろんな人・モノ・情報が集まる場となっています。


多種多様な展示があった中で、今回一番目にとまったのは
「無駄な買い物をなくす」という「キッチン」でした。
 

ん?キッチンが無駄を買い物をなくす??


近づいて展示を見てみると…

要は、食材をストックする位置を決めたり、食材が見渡せるようにすることで、
在庫数や賞味期限を把握しやすくしよう!というものでした。


例えば、ついうっかり、ストックがあるのに買い足しちゃったり
(安売りのときに、ストックの有無を思い出せず、たまにやってしまいます。。。>_<


賞味期限切れ見逃してしまったり…
(もともと賞味期限が長いものほど油断しがち。。。ToT


これらの「もったいないこと」をなくすための工夫が提案されていました。
省エネ分野ではよく目にする「見える化」。ごみの減量においても大切ですね!


展示例では、システムキッチンの大きな引き出しの中に、上から見てわかりやすいように
収納された食材が並んでいました。

奥のスパゲティなど、通常は寝かせて収納するものも、立てて見やすく収納
してあります。

ちなみに我が家では、細長い引き出しに、麺類を寝かせて入れているのですが…
確かに、そうめん、蕎麦、パスタ各種といった常備麺類、引き出しの中を
ごそごそとひっくり返して調べなければ、何がどれだけあるか把握しきれない
状況です。。。
 

その他、賞味期限が書いてある面を上にしてしまったり、
ふたの部分に賞味期限を大きく記載したりなどのちょっとした工夫で、
とても見やすくなります。


食べ物に限らず、物の在庫管理をしっかりすることは、
無駄な買い物を防ぎ、ごみの減量につながりますね。



ちなみに…これに触発され、大掃除の一環として自宅の食材たちの管理を見直してみました!

残念ながら賃貸住まいでもあり、システムキッチン自体を取り替えることはできないので、
収納以外の方法も活用して食材を管理することにしました。

以前にもブログに出ている、スマホアプリによる「食材管理」です。
http://www.r-hiroba.jp/blog/index.php?d=2012/10/4&no=105

冷蔵庫の食材管理にも便利ですが、こういったストックものの管理にもとても便利♪


それはまた次の機会に。。。

白金カイロの時代なのだ

[りゅーたろー]  2013年01月15日 08時30分
寒いこの時期、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
今シーズンのあまりの寒さに、これまではカイロなど使わなかったのですが
今年は使っています。
カイロといえば、昨今は使い捨てカイロですが、使い捨てには抵抗感が。。。
そこで、繰り返し使えるカイロということで、
早速、通販で白金カイロを購入しました。

白金カイロ

元々、アメリカのライターを作っている会社の製品ですので、なんとなくおしゃれです。



箱の裏のトリセツを見ながら、燃料を入れて、
名前にもある白金の部分にライターで熱を加え、化学反応させるとすぐに暖かくなります。
あとは、付属のフリース生地のポーチに入れて使用します。
実際に火がついている訳ではないので安全ですし、
燃料の量によっては最大で約24時間ポッカポカです。
白金カイロでこの冬は、あったか「ごみゼロ」です。

箱根駅伝でも3R夢!

[どなどな]  2013年01月10日 08時40分

新春の名物の一つと言えば箱根駅伝
今年も大熱戦が繰り広げられました!

2日、3日はテレビに釘付けだった方や
沿道まで応援に行かれた方も
多かったのではないかと思います。

そんな中

実はイーオシボレンジャーブラック
箱根駅伝を応援しに行っていたのです!

その証拠の写真がこちら!


場所は、箱根駅伝の名所の一つである権太坂付近
実は、横浜市資源循環局の保土ケ谷工場(休止中)のそばなんです。

イーオが行ったのは1月2日の往路なので
まだ、選手の皆さんが固まっている状態なのが
良く分かりますよね!

イーオは去年も、この辺で見ていたそうです。

来年の箱根駅伝も見に行く可能性があるそうなので
少々気が早い話ではありますが
是非とも来年の箱根駅伝の権太坂付近では
イーオとシボレンジャーを探してみてくださいね!

手袋?

[どなどな]  2013年01月07日 10時44分


寒い季節は、やっぱり手袋は欠かせません!

ちょっと、明るい色の毛糸の手袋をすると
心もちょっと晴れやかな気分になりますよね!


…すみません。


ちょっと言ってみたかっただけなんです…。


お分かりの方も多いかと思いますが
アクリルたわし…というものです。

細かい原理は分かりませんが
繊維が細かいアクリルで編み上げたもので
水だけで、様々な汚れが落ちるというものです。

自分のカップや箸を洗うぐらいなら、これで十分です。
茶渋なども、普通の台所用スポンジより落ちますよ。

使い方から編み方まで書いてある
下記のサイトが参考になりますので、ご覧ください。

暮らしのAll About
「洗剤要らずでエコ!アクリルたわしの編み方」
http://allabout.co.jp/gm/gc/65813/

 


 

昆布の佃煮を作ってみました!

[どなどな]  2013年01月04日 08時30分

皆様、明けまして おめでとうございます!

さて、2013年の「ヨコハマRブログ」最初の記事ですが
このお話からさせていただきたいと思います。

先日、放送されていた「ずばり!横濱」の「ヨコハマ3R夢!」特集で
リメイククッキングというのがやっていました。


要は、たくさん作ってしまった料理を
上手く利用して、他の料理にしていくことで
きちんと使い切って、無駄を無くしましょう

…というものです。

放送されたリメイククッキングについては
こちらのサイトをご覧になっていただくとして…
 ※ページの中ほどに作り方のPDFファイルがついてます。

私も、リメイククッキングに挑戦してみました。

「昆布の佃煮」です!

どこかリメイクなのか…というと…。

もう、お分かりですよね。

そうです。

この昆布、出汁ガラなのです。

お正月と言えば、おせち料理です。
おせち料理そのものにも、昆布の煮染めなどがありますが
その他にも、出汁を取ったりする機会が多くなります。

出汁を取ったあとの昆布を、ある程度の量になるまで
袋に入れて、冷凍庫などで保存しておきます。

たまってきたら

醤油・みりん・酒、砂糖などを加えたもので
昆布を煮るだけです。
ほぼ水気がなくなるまで煮詰めたら完成。

とても簡単です!

私は、最後にゴマを散らしてコクをアップさせます!

これ、意外と美味しいんですよ~。

味も好みに出来ますので
市販の佃煮がしょっぱすぎる…という方などにも
オススメです。

ただし、味付けを薄くするなら
傷みやすくなりますので
少量で作って食べきってしまった方がいいかもしれませんね。

本来なら、そのまま捨ててしまう昆布の出汁ガラが
美味しく食べられる上に、ごみも無くなりますよ!

かつお節も混ぜて、昆布はみじん切りにすれば
美味しい「ふりかけ」になったりもしますので
皆さんも、是非やってみてくださいね~。


それでは、皆様、今年もよろしくお願いいたします。