ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2013年11月

ドロップを使用してみました!

[つのでゅー]  2013年11月29日 13時00分

みなさん、こんにちは。

前回は、飲料メーカーのサントリーさんと、マイボトルなどを製造しているサーモスさんが

共同で開発した「こだわりのおいしさを専用マイボトルで時間が経っても楽しめる、次世代飲料」

マイボトルドリンク「ドロップ」についてご紹介しました。

今回は、実際にドロップを使用してみましたので、ご紹介します。

(前回の内容はこちらをご覧ください。)


用意するものは、ポーション、専用ボトル、お水又はお湯の3点です。

では、早速使ってみたいと思います!


1、ポーションの外装ラベルをはがし


2、専用ボトルのふたを開け


3、ポーションをボトルにセットします


4、ボトルのハンドルを持ち上げ


5、ポーションに触れるまで持ち上げます。


6、そのまま、ハンドルをポーションに押しつけ、ポーション内の液体をボトルに出します


7、つぶれたポーションを取り出し


8、ボトルにお水又はお湯を黄色い線までいれ


9、完成です!


実際に使ってみると、ちょっとした工夫がされていて、ポーションをつぶした後に

液体がポーションの表面に付着しないよう、穴を空ける場所に工夫がされていました。

些細なことですが、ポーションを取り出す際に手が汚れなくて便利でしたよ♪


また、私は「HOTでおいしいオレンジ」のポーションを飲んでみましたが、

ボトルにお湯を入れた際にオレンジのさわやかな香りが広がり、

香りも味も楽しめました。

ボトルも3時間かけて飲んでみましたが、最後まであたたかさが続いていました。


ここまでお読みいただいた方の中には、「すでにマイボトルを持ってるけど試してみたい!」

という方もいらっしゃいますよね。

そんな方に朗報です!

現在、数量限定で「お試し用簡易オープナー」が置いてありました!


これで、ご自分のカップやマイボトルでドロップが試すことができると思います!






これから、他の味も飲んでみたいと思います♪

今後も使用の体験談などを報告していきますね!

マイボトルドリンク「ドロップ」

[つのでゅー]  2013年11月22日 13時00分
みなさん、こんにちは。

今回はテレビCMでも放送されている、マイボトルドリンク「ドロップ」についてご紹介します。

ドロップとは、飲料メーカーのサントリーさんと、マイボトルなどを製造しているサーモスさんが

共同で開発した「こだわりのおいしさを専用マイボトルで時間が経っても楽しめる、次世代飲料」


コーヒー類や茶類、果汁など全12種類の専用密封濃縮飲料のポーション専用のボトル(280ml)が開発されました。

【ポーション】


【専用ボトル】


このドロップは二つの特徴があり、一つ目はポーションの容器が独自開発され、

缶やペットボトルの飲み物では使用しづらい果物などの原料を使用でき、

飲む直前まで素材の味や香りが損なわれないそうです。


もう一点、専用のボトルは、おいしく飲めるよう保温機能はもちろんのこと、

香りが楽しめるように、飲み口が広く作られています。



そして、何より大切なことが…

ごみを減らすことができます!

飲み物をペットボトルからドロップにするだけで、ごみが4分の1に減り、

缶にいたっては、10分の1に減るそうですよ!


ごみが減ることだけでも良いことですが、更においしく飲めるのはよりうれしいことですね♪

ドロップは11月5日から神奈川県のほか東京・千葉・埼玉のセブンイレブンさんで販売されているそうです。


「どんなものだろう?」と気になっていただけた方もいらっしゃると思いますので、

実際に使用してみました!

次回はドロップを使用した様子をご紹介します。

おたのしみに♪

お買い物時はマイバッグを持参しましょう!

[つのでゅー]  2013年11月15日 13時00分
みなさん、こんにちは。


ご報告が遅くなりましたが、11月1日より全国のダイエーさん、グルメシティさんの

計293店舗で、環境保全のためレジ袋の無料配布中止を開始しました。


この取組はレジ袋を受取る代わりにマイバッグを持参してもらい、

配布しているレジ袋の削減し、資源の有効活用を図るものです。

その中でダイエー金沢八景店さんでは、1日から3日の期間で来店者の方に

マイバッグの配付を行っていましたのでご紹介します。



ダイエーさん、グルメシティさんではこの取組が始まる1か月程前から、チラシやホームページなどで

マイバッグの持参を呼び掛けていて、加えて金沢八景店さんでは開店前にマイバッグを

配付することを広報していたこともあり、多くの方が並んでいました。



店頭では、併せて神奈川県の方もレジ袋の削減を呼び掛けているティッシュの配付を

行っていて、私もヨコハマ3R夢!のぼりを設置し、来店された方にレジ袋の削減を

呼び掛けを行いました!


来店者の方にプレゼントされたマイバッグは、縦30センチ横45センチの大きさで、マチもついているバッグでした。



開店し、バッグを受け取った方からは、「今日から早速使います」や「こんなに立派なバッグがもらえるの?」など、

配付されたバッグを使ってもらえそうでした!

ぜひ、これからもマイバッグを持ってお買い物していただけたらと思います♪



マイバッグを持ってお買い物に行くことで、ごみになってしまうレジ袋を削減できてよいことですね!

なお、今回の取組を先行して行われていた店舗さんもあるようで、

なんとマイバッグ持参率が84%まで上がっているそうです。

みなさんもお買い物の際には、マイバッグを持って不要なレジ袋は減らしましょう!

ちなみにダイエーさん、グルメシティさんでは、マイバッグのほか、お買いものかごの販売も行っているそうですよ♪

詳しくは、こちらをご覧ください。

スーツの下取り

[つのでゅー]  2013年11月08日 13時00分
みなさん、こんにちは。

先日、屋外でキャンペーンがあったので、準備をしたところ…

「ビリッ」っと音がしました。

「…? 何か踏んだかな~」と思いましたが、何も踏んでいません。

しかしなぜかお尻がスースーするなと思い、手で確かめてみると…


あれっ?ズボンに穴があいてる…

しかも尋常じゃないほど大きな穴なんですよ!

実際に撮影してみました。こちらです。↓



このまま外を歩くのは恥ずかしいため、安全ピンで補強し、その日は過ごしました。。

お気に入りのスーツだし、まだまだ穿けるから修理にだそう!と思い、このスーツを買った

自宅付近にある洋服屋さんに持っていきました。

「このズボン、破けちゃったんで、修理してほしいんですけど…」と店員さんに伝えると、

「これは直せませんね。穴も大きいですし、この部分は直すことが難しいんですよ」と言われました。

まさかの修理不可の現実を受け、無性に悲しくなりました。。


しかたなく、修理はあきらめ、自宅に持ち帰ろうとしたところ、

「もし、よろしければ下取りさせていただきますよ」と店員さんに言われ、

詳しく話を聞いてみると、その洋服屋さんでは不要になったスーツやコート、

更にはネクタイやベルトなどの下取りを行っているそうで、他社製品や今回みたいに破れていても

下取りしてもらえるそうです。


また、下取りにだした場合、次回に利用できるクーポン券をもらえるそうで、私もいただきました♪

この下取りされたスーツやコートなどは、再資源化され車の断熱材やぬいぐるみの中綿、

建築資材にリサイクルされるそうです!

また、破れやほつれがなく、着れなくなったり古くなったりして下取りされたスーツの中には、

海外でそのままリユースされるものもあるそうです!



修理できなかったのはとても残念ですが、着れなくなったスーツがこのようにリサイクルされるのは、とても嬉しいことです。

しかもクーポン券までいただいちゃってちょっと得した気分です♪

今回、下取りをしてもらい、改めて感じたことは…

・まずは物を大切にすること(今度からは破れないように気を付けます…)

・もし壊れたり破れてしまった場合、直せないかを確認すること

・どうしても直せないものは、下取りなどで、ごみにならない方法を確認すること

(やむを得ず、ごみとして出す場合は、生地が破れていると、古布として出せません。燃やすごみに出してください。)

ごみを減らす取組が改めて大切なんだと実感する良いきっかけになりました。

リデュース啓発イベント

[つのでゅー]  2013年11月01日 13時00分
みなさん、こんにちは。


今回は、瀬谷区民の方がリデュースの啓発イベント行うと聞き行ってきました。

区内にある「コープ ミアクチーナ瀬谷橋戸店」の店頭で

土壌混合法の実演や、紙と水でできた植木鉢(ペーパーポット)の

体験コーナーなどを行っていましたのでご紹介します。




【土壌混合法】

区民の方が、実際にご自分で経験された土壌混合法の内容を踏まえ、

来場者の方にわかりやすく説明をしていました。


来場者の方からは、土壌混合法をやっていなく、これを機に始めてみようという方が

いらっしゃったり、普段から土壌混合法を行っている方が疑問点やうまくいかない点を

相談したりと、とても関心のある方が多くいました。



【ペーパーポット】

ペーパーポットとは、古紙と水でできた環境にやさしい植木鉢です。

今回は、イベントを行っていた区民の方がお声掛けをして、

ペーパーポットの利用を進めている方がいらっしゃり、

実演や来場者の方が体験を行いました。




写真の右側にある機械に、紙(小さく刻まれ、水を含ませたもの)をいれます。

機械のスイッチを入れると上から圧縮し始め、植木鉢の形に整えていきます。



すると…

あっという間に形ができあがりました!



この状態で2週間ほどそのままにしておくと、植木鉢として使用できるそうです。

また、写真のように、違う紙の色を混ぜることで、自分好みにアレンジしている方も

いらっしゃいました♪

実際に2週間置いたものを手に取ってみましたが、ずっしりと重みがあり、叩いても

壊れず耐久性もしっかりしていました。

このペーパーポットを多くの方が体験され、店頭には様々な色の植木鉢が

並んでいました。



ちなみに、このペーパーポットは土の中に入れると自然分解され、

土に戻すことができるそうですよ♪


まさにリデュースですね!


今回は店頭に機器をお持ちいただいてペーパーポットの体験を

行いましたが、出来上がったペーパーポットはインターネットなど

で販売されているみたいなので、ぜひ一度ご覧になってください♪


このイベントでは、敷地内にあるコミュニティールームでは、ヨコハマ3R夢プランや

土壌混合法の説明をしたビデオが放映されていたり、

来場者の方に水切りネットや3R夢に関するアンケートも行っていました。



今回は瀬谷区民の方によるリデュース啓発イベントを紹介しました。

リデュースに関心を持って聞いている方も多く、また実際に体験することで、

よりリデュースが身近に感じることができ、ご自分の生活にも取り入れて

もらいやすくなると思います。

みなさんも身近なところから、リデュースを取り入れてみませんか?