ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2014年4月

エコな旅行

[nayuta]  2014年04月25日 09時00分
 みなさん、旅行はお好きですか。
旅行は気分転換にもなってよいですよね。

 旅行の時、歯ブラシなどのアメニティグッズはどうされていますか。
ホテルや旅館に備え付けのものを使っていますか?
それとも、持参していますか?

 備え付けの歯ブラシなどは使い捨てになってしまいます。
なんかもったいないですよね。

 そこで、群馬県の伊香保温泉では、「先進環境温泉地」として、
多くのホテルや旅館で客に歯ブラシを持参してもらって、
使い捨て歯ブラシの節約を行っているそうです。
これによって、「環境の伊香保」をアピールし、
環境問題に関心のある客を呼び込んでいるとか。

    

 実は、このような取組を九都県市でもやっているのです。
九都県市とは、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、
横浜市、川崎市、さいたま市、千葉市、相模原市のこと。

 これらの地域内で、アメニティグッズの持参をすすめるなどの
エコな活動をしているホテルや旅館をホームページで
紹介しています。アドレスはこちらです。
一度アクセスしてみて、エコな旅行を楽しんでください。

http://www.re-square.jp/3r/ecostay/list_yokohama.html

eco実験ショーに行ってきました!

[らいす林]  2014年04月17日 08時30分
 先日南区役所が主催する「eco実験ショー」に行ってきました! 

 と、そこにテレビで見たことのある顔が!!
  

 らんま先生です!!
 みなさん、らんま先生を知っていますか?
 テレビでも活躍していて、
 「環境問題に関する実験」「ジャグリング」「手品」
 を通じて、分かりやすく環境のことを教えてくれる先生です。  

 ショーでは、
  ・色のついた水に薬品を入れると、透明な水に変わる実験
   (水道から出る水を、薬品できれいにする仕組みをわかりやすく伝えています。)
  ・熱いはずの60℃のお湯を、霧吹きに入れて吹きかけると、なぜか冷たく感じる実験
  
 (緑のカーテンという、植物を建物で覆うことで建物内の温度が下がる仕組みをわかりやすく伝えています。)
 など、目からウロコな実験が次々と行われます。

 「誰か、実験を手伝ってくれる子いるかな?」
 と、らんま先生が子供に呼び掛けると、子供たちからは
 「はい!」「はい!!」
 と元気よく手を挙げます。

 ほほえましく見ていると、
 出ました!!リサイクルネタ!!!
 

 牛乳パック6枚を不思議な袋に入れて魔法をかけると・・・
 トイレットペーパーに生まれ変わります!!
 
牛乳パック6枚をリサイクルすると、トイレットペーパーに生まれ変わることを、
子供たちに楽しく伝えていました。
 見ていた子供は「おぉ~!」と驚きの声!
 お父さん・お母さんからも拍手が止まらず、大盛り上がりでした。


 「楽しみながら勉強する」
 子供にとっても貴重な体験になったのではないでしょうか? 
 
 

減る?増える?

[どなどな]  2014年04月11日 08時30分

現在、食品ロスをお話する際に良く引き合いに出されている

「日本では家庭での食べ残し等による
 食品ロスが年間200万~400万出ている」


という推計値は、2009年度の農林水産省の調査による数字です。

この調査は、2009年まで定期的に行われていたのですが
大きな変化が見られないため、2009年の調査が
最後になっていたそうです。

しかし、近年、食品ロス削減の機運が高まってきたと感じた
農林水産省では、5年ぶりに食品ロス統計調査を行う
ことにしたそうなのです。

東日本大震災を契機として様々なものに対して
「もったいない」という気持ちを
強く持つようになった人も多いと聞きます。

5年ぶりの調査結果が、どのように出るのか
注意深く、このヨコハマRひろばでも
見守っていきたいと思っています。

また、農林水産省では
食品ロスを削減するためのキャンペーンにも
力を入れていくそうなので
これを機に、さらに食品ロスが減っていけばいいですよね!

もちろん、ヨコハマRひろばでも
今後も食品ロスの削減を訴え続けていきたいと思います。
 


まずは、お買い物前にワンバナナですよ!(笑)
 ※お買い物時に空腹感があると余計なものを購入しやすいらしいので…。

 

たいふうがさ

[nayuta]  2014年04月04日 08時30分
 昨今は異常気象だと言われていますが、
確かに今年も暴風警報とか大雪警報とかでていましたね。

 強風の後、町のあちこちで目に留まるのは、壊れたビニール傘。
うちの近所でも橋の欄干近くに何本か捨てられていました。
壊れてもせめて家までは持って帰りましょうね。

 さて、傘は風には弱いもの!というイメージがありますが、
こんな傘もあるんです。

 それは「たいふうがさ」!
どんな漢字が浮かびますか。「台風傘」???
実は「耐風傘」なんです。

 文字通り風に強い!なんとこの傘、風でおちょこになりにくい、
もしなっても、もとに戻るんです!!!

 去年の台風シーズンのまえによくマスコミにも取り上げられていましたが、
「これは便利そう!」と思い、私も一本買いました。

 残念ながら、まだその実力を体験したことはないのですが……
風の強い日には持っているだけでも安心。
傘を駄目にしないというだけでも大満足です。

 いろいろなメーカーから出ているようで、折り畳み傘もあるそうです。
男性向け、女性向け各種あるようなので、好みにあう傘が見つかると思います。

 これまで、ビニール傘を何本も駄目にした方、ぜひ「耐風傘」をお試しください。
また、お気に入りの一本をお探しの方、「耐風傘」にご注目を!