ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2014年6月

3R夢(スリム)パートナーの取組紹介(1)

[きむ]  2014年06月27日 12時00分
みなさんこんにちは。
先日、ホームページ「(リデュース)ひろば」内での出来事が発生しました!
3R夢(スリム)パートナーに初めて薬局さんからの新規登録申請があったのです!!
 
現在、「Rひろば」のパートナー登録をしていただいている事業者・団体は、およそ90にのぼります。その中で、薬局さんに3R夢パートナーとして登録いただいたのは、今回が初めてなのです!!
(Rひろば内「団体種別・業種」→「薬局・薬店」で検索いただければわかると思います)
 
そんな貴重な機会を逃すわけにはいかず、

「是非とも取材をさせていただきたい」

と、あろま薬局さんにご連絡。お時間をいただけるということで、あろま薬局さんへ向かいました。地図を片手に登録いただいている住所を探すと、見えてまいりました。




待ち合わせ時刻ぎりぎり(いえ、おそらく若干過ぎてしまっていました…)というのもあり、「ゼーハーゼーハー」しながら到着したのですが、とても暖かく迎え入れていただきました(あろま薬局さん、本当にありがとうございます)。
 
中に、入りますと早速見えてきたのが、3Rに関する啓発パネル。



3R(リデュース、リユース、リサイクル)に関しそれぞれ一つずつ取組をされているようで、

①リデュース=お薬ecoバッグの推奨
②リユース=水薬ボトルの再利用
③リサイクル=粉薬分包紙の分別啓発
と、ごみの減量に取り組んでおられました。
 
次に、特に印象の強かった、③粉薬分包紙の分別啓発についてご紹介したいのですが、
記事が長くなるので続きはまた次回掲載させていただきます!
 

横浜セントラルタウンフェスティバルY155に3R関連ブースが出店されました!

[きむ]  2014年06月24日 12時00分
みなさんこんにちは。

5月31日(土)、6月1日(日)に開催されました「横浜セントラルタウンフェスティバルY155」に横浜市の3R(リデュース・リユース・リサイクル)関連ブースが出店されました。
横浜の開港日付近で実施されているイベントで、3R啓発ブースも毎年出店しているので取組を紹介させていただきます。
今年のイベントでまずお話ししたいことは…

「暑さ」です。

当日は30℃を越す猛暑!!
運営する側も来場者も暑さ対策に余念なしというかんじで、帽子・タオル・水の3点セットが必須の一日となりました。

さて、

猛暑の中、ブースの準備を行い




いざ開場!


来場者には、お子様連れが多く、お子様が対象となるブースは特に人気でした!


こちらは、お絵かきマイバッグのブースです。
暑い中、マイバッグに思い思いの絵を書き書きするちびっこ。
保護者の中には熱中する我が子を首を長くして待っている方もいました(笑)。


こちらは、電動ミニ収集車。本物さながらに動く子供専用収集車で、分別したごみ(そうゆう体で)を、子どもたちが焼却工場に届ける(そうゆう体で)ために使います。


「ごみの分別~収集車へ積み込み~焼却工場へ輸送」という一連の流れを体験できる非常によくできたブースです。
ただ、こどもたちの関心は電動ミニ収集車一点(笑)。乗り終わると、ごみを焼却工場へ届けるという作業もあるのですが、
乗り終わるとスタスタ立ち去ろうとする子が多かったです。


こちらは「土壌混合法」のブースです。
土壌混合法についてはこちらを参照してください。
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/nama-eda/nama/gen1-6.html



関連映像の放映に加え、実演も行っていたので、実際に体験している方もいらっしゃしました。
お母様や奥様が多かったように感じられました。


こちらは、北部事務所のマスコットキャラクター「トイレくん」です。
トイレのマスコットなので、普段の用途を考えると近寄り難いかなと思われるかも知れませんが、意外にも大人気!!
女子高生らしき子たちから、「きゃーきゃー」歓声が聞こえ、思わず撮影しました(悲鳴じゃないですよ)。


こちらは「3R夢(スリム)カー」です。収集車を3R夢モチーフでラッピングしたものです。


当日は、実際に乗車体験(走りませんが)することもでき、運転席に座り写真を撮るなど
親子揃って楽しまれていました!未来の収集員が誕生したかもしれません。


以上、全体のほんの一部ですが、ご紹介させていただきました!
今のところ毎年行われているので、来年機会があれば、足を運んでみてください!
お越しになる際は、「帽子」「タオル」「水」を忘れないでくださいね!











ごみのこと 環境のこと う~ん と考えてみよう!

[らいす林]  2014年06月20日 09時00分
 横浜市資源循環局では、3Rを進めるために
ポケットティッシュやシャープペンなど、様々なアイテムを用意していますが、
今回は磯子区で作成した「オリジナルトイレットペーパー」を紹介します。



 このトイレットペーパーは
 磯子区役所・区民利用施設13か所とヤマダ電機複合施設で活用されています。

 トイレットペーパーには、
  ・手つかず食品(手がつけられずに捨てられる食品)を減らす呼びかけ
  ・生ごみ水切り
 などが書かれています。

 さらに、
 簡単にごみの分け方・出し方が検索できるホームページのQRコード
 が掲載されています。
   是非QRコードからダウンロードしてください♪

 トイレは誰でも使い、ほっと一息つける空間ですよね。
 トイレの中で時間を持て余す方は、ちょっと一息入れながら
 「ごみのこと 環境のこと う~ん」と考えてみてください。

 

「レジ袋お付けしますか」をやめます

[nayuta]  2014年06月13日 09時00分
 スーパーのレジでよく「レジ袋お付けしますか」と聞かれますが、
私がよく行くお店では最近この問いかけを聞かなくなったのです。

 あれ?なんか変わったなと思っていたら、原因はそれでした。

 聞かれるのを待っていると、聞いてくれないのでレジ袋を付けられてしまいます。
マイバッグを持っているので、あわててレジ袋いりませんと言うのですが、店員さんに
二度手間をかけてしまいます。
申し訳ないので、先に意思表示をしなければなりません。

 そこでよく見ると「レジ袋不要です」と書かれたカードが新しくなって
レジ横にかかっているではありませんか。今までのよりしっかりした
つくりになっています。なんだかお店の本気度が伝わってきます

       


 でもなんで問いかけをやめてしまったんだろうと思って、お店の人に聞いてみました。
「エコマーク認定店舗になったこともあり、お客様から積極的にいらないとの意思を
表示してもらうようにしました」とのこと。

 そうそう、そう言えばこの店舗、以前紹介した「エコマーク認定店舗」でした。
お客はこのカードでレジ袋を辞退することで環境に良い活動をしたことに
なるのですね。確かに、自分からすすんでレジ袋を辞退した気がします。

 小さな一枚からですが、たくさんの人が辞退すれば大きな結果になりますね。
では、今日もマイバッグを持ってお買い物に行きましょう。
       

エコマーク認定店舗

[nayuta]  2014年06月06日 09時00分
 みなさん、エコマークはご存じですか。
マークを見れば、あ~見たことある!と思う方も多いのでは。
マークはこれ!

     


 さて、このマークにどんな意味があるの?という疑問を持つ人もいるのでは。
このマークは、さまざまな商品の中で、「生産」から「廃棄」にわたる
ライフサイクル全体を通して環境への負荷が少なく、環境保全に役立つと
認められた商品につけられる環境ラベルなのです。

 一言でいえば、このマークがついていれば、環境に良い商品
ということの目印でしょうか。

 さらに「エコマーク認定店舗」というのがあるのはご存じですか。
聞いたことない?実は私も最近知ったばかりなんです。

 まだ、全国に3店舗しか認定されていないようで、
そのうち1店舗がなんと横浜市にあるのです!
「3R夢(スリム)パートナー」にも登録いただいている
「京急百貨店」さんです。

 この店舗一体どんなお店なのかというと、
客は買い物をすることで環境活動に参加でき、
店舗は活動に伴う環境負荷の削減に積極的に取り組んでいる店舗のこと。

 例えば、環境に配慮した商品を購入することができるとか、
容器包装を減らしているとか、資源回収ボックスが設置されているとか、
環境にやさしい活動をしているお店ということでしょうか。

 確かにこの店舗では、環境配慮商品をポスターにして掲示していたり、
レジ袋を辞退するとポイントがついたり、環境に関するイベントを開催したりと
さまざまな取組を行っています。

 買い物をするときのお店を選ぶときの参考にするといいですね。