ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > [アーカイブ]2015年6月

リメイクで素敵な服に

[nayuta]  2015年06月26日 12時00分
小さくなった服や古くなった服、どうしてますか?

地域の資源集団回収にだして
リユースやリサイクルをするのも一つの方法ですが、
今は、リメイクが流行っているようです。

デザインが古くなってしまったものも、
最近の流行にあわせて直せば、
また、着る機会が増えますよね。

ブラウスとスカートを合わせてワンピースにしたりとか、
デニムを細身にして格好よく着こなしたりとか。
いろいろなことができそうですね。

もう着ない大人のTシャツを子供用にリメイクしたり
することもできるそうです。
ビーズやラインストーンで飾るのも素敵に仕上がりそう。

捨てる前に、何かにできるかを考えてみませんか?

本の木

[nayuta]  2015年06月12日 17時00分
再びの登場です。

NHKの「世界ふれあい街歩き」。
今回はドイツのベルリンの街歩きでした。

東西統一後、学生やアーティストが
集まってきたというこの地区には、
扉のついた変わった街路樹が

おじさんが扉を開けて、木に何かを入れています。
反対側には、小さな女の子とお父さんが。
手に何か持っています。

実はこの街路樹、本棚になっているのです。
近所の人がいらなくなった本を木の中に入れて、
欲しい人が持っていく。
本の貸し借りができる場
なのです。
さきほどの女の子は、夢中で絵本を眺めています。

この木は「本の木」と呼ばれているそうです。
街の中にこんな場所があるなんて、素敵ですね。

私たちも不用になったものを、譲る方法を
知っておくとよいですね。

最近では、アパレルメーカーやショップで
服を回収してくれるところもありますね。

本ならリユース文庫を利用しましょう。
ベルリンの街のように
素敵な本が見つかるかもしれません。

リユース文庫
http://www.city.yokohama.lg.jp/shigen/sub-shimin/reuse-bunko/