ヨコハマRひろばブログ

横浜らしく、かっこよく、「もったいない」を楽しむために
身の周りにある、ちょっとしたリデュースにつながることを
探して、見つけて、実践して、報告していきます。
「ヨコハマRひろばって何?」って方は、こちらへどうぞ!

ブログトップ > 最新5件> 記事表示

身の回りの「もったいない」を考える~コーヒー編~

[ぽかり] 2017年01月19日 17時00分
初めまして、こんにちは。
この度、新たにブログ更新に加わることになりました「ぽかり」と申します。
今後少しずつですが、更新をしていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

記念すべき第1回目投稿は、コーヒーについて。
 
皆さん日本では、1年間にどれ程のコーヒーが消費されているかご存知ですか?

2015年の国内消費量は、約460,000トン。平均すると国民一人あたり1週間に11杯程度飲んでいる計算になるそうです。
私の勤める職場にも共有のコーヒーメーカーがあり、コーヒーを飲む人が自分で淹れて、好きなときに飲めるようになっています。

 
毎年この時期は寒さが厳しいためか、皆こぞっておかわりするのでコーヒーを淹れる回数もおのずと多くなります。
 
私自身日に4杯はコーヒーを飲むカフェイン人間なので、よくコーヒーの粉の交換と併せて出がらしの処理をするのですが、そこでふと思ったことがあります。
 
「コーヒーの出がらしの再利用方法ってないのかな。」
 
職場でもコーヒーを飲み、家に帰ってからもコーヒーを飲む身として、これは是非知っておきたいと思い、色々と調べてみたところ、全日本コーヒー商工組合連合会様のウェブサイトで「粒より百科VOL.22(2009年)『コーヒーECO知識』編」(外部リンク)という小冊子を発見しました。
 
簡単にまとめるとコーヒーの出がらしの活用方法としては、

①脱臭剤やニオイ消し
②草花の肥料
③油汚れ取り

などがあるそうです。
 
とはいえ、皆さんにお伝えする以上、「あるそうです。」で終わらせず、どれ程の効果があるのかはこの目で確かめないと!
 
ということでこれから随時、コーヒーの出がらしの活用について配信をしていこうと思いますので、コーヒーを楽しみながらあまり期待せずにお待ちください!



前の記事「屋上のニューフェイス」    次の記事「マイボトルスポッ...」