ヨコハマRひろば|横浜リデュース

「3R」とは?

 私たちが地球のためにできる行動はいろいろあります。
 使うエネルギーをなるべく少なくする行動(省エネ)や、空気や海などを汚さないようにする行動、そして、私たちの毎日の生活から出る「ごみ」に関する行動。

 「3R」(スリーアール)とは、ごみを減らすための環境行動を表すキーワードなのです。

 3つのRは、それぞれ…

リデュース(Reduce) ごみそのものを減らす
リユース(Reuse) 何回も繰り返し使う
リサイクル(Recycle) 分別して再び資源として利用する

 の頭文字を取ったものです。

 ここでは、この3つのRについて、もう少しだけ詳しくご説明いたします。

リデュース(Reduce)

  • ごみになるものをできるだけもらわない
  • 必要以上に物を買わない
  • 物を大切に使う

 などの行動を通じて、ごみそのものを減らす取組です。

具体的な取組例

  • 余分な包装を断る
  • マイバッグを携帯し、必要以上にレジ袋をもらわない
  • ばら売りや量り売りで必要な分だけ買う

  リデュース行動について、さらに詳しく知りたい方は…こちらへ!

リユース(Reuse)

  • 一度つくったものを何回も繰り返し使うこと
  • 自分がいらなくなったものを、それが必要な他の人に使ってもらうこと

 以上の行動などを通じて、再利用する取組です。

具体的な取組例

  • 飲料びんなどを回収・洗浄し、再利用する(リターナブルびん)
  • フリーマーケットやリサイクルショップなどを活用する
  • イベントで、使い捨て容器ではなくリユース食器を使う

リサイクル(Recycle)

  • 資源となるものを分別回収し、もう一度資源として活用したり、焼却時に熱エネルギーにしたりすること
  • 不要になったものを、他のものに転用して使うこと

 以上の行動などを通じて、資源として再び活用する取組です。

具体的な取組例

  • きちんと分別してから集積所に出す
  • トイレットペーパーは、古紙からつくった製品を選ぶ
  • 生ごみをコンポストによって堆肥化する